ブログから、話題を知る、きざしを見つける

2008年上半期ブログ注目話題ランキング

2008/07/07 配信

080707ranking_001_2 2008年も上半期を終えた。
この半年、ブログで多く語られたのはどのような話題だったのか、kizasiランキングで振り返ってみる。
自然災害、事件、経済ニュース…あらゆるジャンルの重い話題が上位を占めた感もあるが、ブロガー達が日々つづる言葉の中に日本社会のリアルな姿が見える!



    2008年 上半期ブログ注目話題ランキング
  • 最終回まで高視聴率をキープした春ドラマ。DVや性同一性障害など重いテーマも話題に

  • 4月に失効したガソリン税の暫定税率が5月に復活、ガソリン価格の変動に翻弄された

  • 6月14日に岩手県・宮城県を襲った震度6強。今も懸命の復興作業や避難所生活が続く

  • 20年前に連続幼女誘拐殺人事件を起こした宮崎勤の死刑が6月17日に“スピード執行”

  • 6月8日、日曜日の歩行者天国で7人が亡くなるという戦慄の無差別殺人事件にネット上も騒然とした

  • サッカーW杯のアジア3次予選。最終予選出場をかけた、ときに危うい日本代表の戦いぶりが注目された

  • 1月に発覚した中国製の“毒入り”冷凍餃子による食中毒、いまだ解決されず真相は闇の中…

  • 「なんて素敵にジャパネスク」で知られる少女小説作家、コバルト文庫世代がその死を悼んだ

  • フリーアナウンサーの練炭自殺、生前不安定な心情をつづっていたブログも話題になった

  • M7.8の大地震が四川省で5月12日に発生。中国ネタからチベット問題や餃子事件が消え地震一色に

  • 「いやぁ映画って本当にいいもんですね」の映画評論家の水野晴郎さんが76歳で死去

  • 2月22日三浦和義元社長がサイパンで逮捕され、27年前の“疑惑”が突如再び注目された

  • オリンピックイヤー、そして4で割り切れる年にくる2月29日、当日~翌日に多く話題にされた

  • 北京五輪代表選考のレースとして注目された。高橋尚子選手は失速、中村友梨香選手が優勝

  • マラソン初挑戦の福士加代子選手が何度も転倒しながらゴールに向かう姿が感動を呼んだ

  • ローソンから発売された中川翔子プロデュースの菓子パン、ある意味オタク系ネタがランクイン

  • 6月7日、16年ぶりにオリンピック出場を決めた男子バレー。植田監督の熱さも話題に

  • テレビ中継の減ったプロ野球ながら、ホークスが優勝した交流戦は断続的に話題にされていた

  • 関東圏でも定着した感のある節分の恵方巻き、今年の恵方は南南東でした

  • 池袋、新宿、渋谷を結ぶ地下鉄副都心線が6月14日ついに開業。沿線が活気づく様子も報告された



■ ランキングからPick Up!

【エンタメ】 【物価】 【事件】 【災害】 【スポーツ】 【タレント】 【社会】 【TOPへ】



【エンタメ】 1位 ラスト・フレンズ
春ドラマは「ラスト・フレンズ」が話題に
~DVに性同一性障害…重いテーマの“次”が気になって~


話題作が多かった春ドラマ、ブロガーの話題を集めたのは「ラスト・フレンズ」(CX系)だった。DVや性同一性障害など重いテーマも

  • 当事者じゃないケド共感できる
  • DVってのがまた現代的!

と受け入れられ、

  • 今週も怒涛の展開!!
  • ずっと誰か死ぬんじゃないかと思ってた

と目が離せなくなり、難役に挑んだ上野樹里や錦戸亮らの熱演に

  • 亮ちゃんマジコワイよ~

など幅広いコメントが集まった。
最終回は放映時間前から「ラスフレ最終回」がランクイン、視聴率も22.8%(ビデオリサーチ・関東地区データ)と番組最高、テーマとキャストと脚本の力が最後まで視聴者を引き付けた模様。イケメン俳優を揃えたドラマが

  • 学園モノは2回ぐらいで飽きました

などと評されていたのとは対照的だった。

 ↑TOPへ



【物価】 2位 暫定税率
「暫定税率」に振り回された「ガソリン価格」
~ブログに見える、庶民のガソリン高騰対策~


2008年に入ってもさまざまな食品・日用品の値上げが続いているが、上半期に多くコメントされたのは「ガソリン価格」。3月から5月にかけてねじれ国会で暫定税率の廃止やら復活やらと騒がれ、上位ランクインとなった。
ガソリンスタンドが価格表示を変える様子を中継するなどメディアが過熱していたころは、

  • 170円代ってまじキツイ

と価格自体に反応したコメントも多かった。しかし日が経つにつれ、上がってしまった価格を現実として受け止めなければならないドライバー達が

  • アクセルを踏みすぎなければ燃費は向上します!

と燃費を上げる方法を伝授したり、

  • ホコリをかぶっていた折りたたみ自転車の大掃除をした

と脱自動車生活を模索しはじめたり…切実な様子が伺える。

 ↑TOPへ



【事件】 4位 宮崎勤死刑囚/5位 秋葉原通り魔事件
秋葉原無差別殺人事件直後に宮崎勤の死刑執行
~「オタク」とまとめて論じることに批判も~


秋葉原で6月8日に起きた凄惨な事件は、ニュースが流れた直後からブログ上でも

  • 秋葉原のホコテンが殺人現場になったらしい
  • 酷すぎ
  • いや~ぞっとした

などとコメントされ、衝撃の大きさが伺える。
そして無差別殺人の波紋が残る6月17日、宮崎勤の死刑が執行され2つの事件を一緒に語るブロガーが増えた。メディアが2人の殺人犯を比較したり犯罪の時代性を論じた影響もあるだろうが

  • いわゆるオタクと言われる人たちの事件

と当然のようにまとめてコメントするブロガー達。
一方で

  • 2人をオタクの典型とするのはいかがなものか
  • 健全で行動的で明るいオタクもいっぱいいるぞ

とそんな世論やメディアを批判するブロガーもいて、ここでは立場によるコメントの違いが見られた。

 ↑TOPへ



【災害】 3位 岩手・宮城内陸地震/10位 中国四川省大地震
四川大地震に岩手・宮城内陸地震と続いた地震災害
~地震への備えは予知技術?~


5月の四川大地震の記憶も生々しく残る6月14日に東北地方を襲った地震。

  • 最近大きな地震が多くて怖い
  • 明日はわが身

など地震大国のブロガー達の切実なコメントが積み上がりランキング入りした。
地震被害の大きさを目にするほどに話題になりやすいのが「地震予知」。

  • 四川大地震の前に大量のヒキガエルが移動したらしい
  • プレーリードッグに予知能力!?

と科学的な裏付けが難しいものから

  • せめて一日前にわかるようになればなぁ~

と科学技術への期待まで、予知の可能性に望みを託すブロガー達。
ただ運用が始まった緊急地震速報に遭遇した人が

  • 最初理解できず、どこかで地震が起きた地震速報だと思った

と語るリアルなコメントから、「自分の身は自分で守る準備」の重要性も見えてくる。

 ↑TOPへ



【スポーツ】 14位 名古屋国際女子マラソン/15位 大阪国際女子マラソン/17位 植田ジャパン五輪出場 
北京五輪開幕もカウントダウン、ニッポンの活躍は?
~「五輪出場決定」からわかる男子バレーへの注目度~


8月に開幕が迫ったオリンピック、この半年でも北京への切符を手に入れる戦いが数多く繰り広げられた。
「五輪出場決定」で検索してみると、16年ぶりの悲願を達成した男子バレーの話題が上半期のトップに。6月7日に出場を決めた白熱の対アルゼンチン戦が

  • めっちゃ興奮した!
  • ワンプレーごとに泣いてました…

などと熱くコメントされていた。
次いで女子バレー、レスリングの浜口京子選手と熱い競技の五輪出場決定が多く語られていた。
出場決定までの道のりの険しさが本番での盛り上がりに結びつくとは限らないが、

  • 一生懸命な人はいいね!見てるだけで元気もらえる
  • みんなヤバイかっこいい
  • 早くオリンピック見たいな♪

と観る人に力を与えるプレーへの期待値は高い。


 ↑TOPへ




■ ランキング外からPickUp!

【タレント】 26位 羞恥心
おバカキャラ、立ち位置も人気も定着
~「羞恥心」に癒される日本人~


おバカキャラの勢いが止まらない。
羞恥心としてユニットを組んだおバカ3人、4月9日発売のデビュー曲「羞恥心」発売でコメント数の山を作ったあと、多少の上下動はあるものの右肩上がりに上昇し続ける勢いをグラフからも感じる。
セカンドシングルの発売や、メンバーの上地雄輔のブログがアクセス数でギネス認定されたり、自身のエッセイ本を出したりなど話題提供が続いていることもあるが、とにかく確かな人気ぶり。
もともと頭角をあらわしたクイズ番組以外のバラエティー番組への露出が増えてもボロが出るどころか

  • なんか、見てると和む
  • 上地クンの一生懸命なトコにキューン!

とブロガー達も彼らの飾らない人柄に癒されている模様。おバカキャラは愛されキャラとも言えるのだ。


 ↑TOPへ



【社会】 28位 船場吉兆
墜ちた高級料亭、ついに廃業発表
~産地偽装や食べ残し食材の使い回し発覚~


産地偽装や賞味期限の改ざんなど、多発する食品問題。不二家、ミートホープ、白い恋人、比内地鶏、赤福 ―――。
中でも船場吉兆は、"高級料亭"でありながら、偽装だけでなく客が食べ残した食材を使いまわすなど不祥事が続き、ついには廃業に至った。

  • 知らぬは消費者というか客だけなのか
  • あまりにもこの手の話が多いから、過敏になってしまってます
  • 一番簡単なのは安心が保証されているブランドものを買うことだと思ってたけど、もう信じられない

消費者の期待を裏切った代償はあまりにも大きく、この事件をきっかけに関係者は改めて気を引き締め直していることと思いきや、ここへ来て、飛騨牛のブランド偽装やうなぎの産地偽装も発覚。
食品問題、この先いつまで続くことやら。。。

 ↑TOPへ


(kizasiジャーナル編集部)


----------
■関連記事
ドラマ「ラスト・フレンズ」が提起した問題
2008年6月の月間きざしランキング
2008年5月の月間きざしランキング

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.