ブログから、話題を知る、きざしを見つける

離れても動く!未来のスゴいケータイ!

2008/10/15 配信

SoftBankより販売されているiPhone3Gをはじめ、多種多様を極めている今日の携帯電話。


そして今度はNTTドコモが、端末を2つに分割可能な「セパレートケータイ」のコンセプトモデルを公開。このニュースが流れた直後、「セパレートケータイ」というキーワードがきざしランキングの上位に浮上した。


081015mobile_001

【データは2008年10月14日 17:27現在】


セパレートケータイは、画面部とダイヤルキー部が磁力で保持されていて、分離可能。さらに相互のデータはBluetooth通信で行われているという。これにより電話をしながらWebの利用が可能になるなどの操作面での利点だけではなく、縦向き同士で接続をしたり、横向きに接続をするなどデザイン面も自由になるそうだ。

  • 「2つに切り離しましたけど、まだ動いてます。って、手品か」
  • 「かっけぇえ!」
  • 「ありそうでなかったなぁ、、、面白い」



このような、今まで「ありそうでなかった」ケータイのモデルの登場に、驚きの声をあげたブロガーたちだが、一部では不安の声もチラホラ・・・。

  • 「私、絶対にどっちかを失くしてしまう自信がたっぷりあるよ」
  • 「他のケータイからも操作できそうでちょっと怖いですね」
  • 「離れた場所でリモコン操作が出来るって、犯罪に使われないかな?」

発想は、面白いけれども実際に使うのはちょっと・・・というような感想も意外にも多く目立った。


どんどん技術の進歩が進むケータイ電話。

しかし、一般ユーザーが本当に必要としている機能は実はそんなに多くはないのだ。
7月に発売されたiPhoneについても、デザインや機能、話題性からもまだまだ人気は衰えていないようではあるが、「色々面倒」「結局使いこなせない」「上級者向け」といった意見が多いのも事実。

  • 「便利さと面白さを兼ね備えてはいるものの、実用性ではどうなんだろう」
  • 「技術的にはこんな事もできますよ、てな感じかな。使いたいとは思わないけど」
  • 「進むことは良いことかも?しれないけど、それだけ、忙しい日々になりそう」

ハイテクな機能が搭載されたケータイが出てくる一方で、操作の簡単なスマートフォンなどがあれば需要が高まるかもしれない。


(栗原あんず)


-----
■関連記事
黒船の次はアンドロイド
【ブログトレンドウォッチ】iPhone発売その後…。
リア・ディゾンを超えるかiPhone?


■「栗原あんず」の他の記事を読む
皆がハマる「リズム天国ゴールド」!
あの「相棒」が次回作で卒業!?
「NEWSのCM」が運ぶHAPPYなニュース!!


■kizasi.jpでみる
最新の「セパレートケータイ」


■関連サイト
NTTドコモ「セパレートケータイ」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.