ブログから、話題を知る、きざしを見つける

「ガリレオ」スクリーンでも大人気

2008/10/10 配信

去る10月4日に公開された映画「容疑者Xの献身」の話題が、ブログ上でも沸騰している。


容疑者Xの献身は、フジテレビ系列で2007年10月15日~12月17日まで放送されていた連続ドラマ「ガリレオ」を映画化したもの。
毎週月曜日の午後9時、いわゆる「月9」枠のドラマで、久しぶりに連続ドラマに復帰した主演の福山雅治、柴咲コウらを起用し、最高視聴率が24.7%と高い人気を博した。



容疑者Xの献身が公開された日には、テレビでドラマスペシャルが放送されたこともあって、ブログの話題量が急激に増加。


081010xtxt_001

【データは2008年10月9日17:55】


同日にはTBS系列で「ROOKIES(ルーキーズ)」のドラマスペシャルも放送されており、ROOKIESからガリレオまでおよそ5時間続けてテレビを見たブロガーも多かったようで、両ドラマを比較して感想を述べているものが多かった。

  • ROOKIES、スペシャルじゃなくてただの総集編
  • 新作を楽しみにしてたのに・・・ROOKIESにはガッカリ・・・
  • ガリレオのほうはかなり面白かったですw
  • 劇場版の「容疑者Xの献身」も絶対見たいと思った!

どうやらドラマスペシャルは、劇場版の宣伝まで織り交ぜた新作ストーリーがウケて、「ガリレオ」に軍配があがっていた模様。




さて、その映画「容疑者Xの献身」のほうも、

  • 感動!周りの人もみんな泣いてた
  • 切なくって悲しい…、でも愛なんだなぁ

といったように、映画を観た多くの人が心打たれて涙した様子。


中でも、脇を固めた堤真一や松雪泰子といったキャストの演技を、多くのブロガーが賞賛している。

  • 福山雅治目当てで行ったけど、堤真一の存在感がスゴイ。表情がすばらしかった
  • 松雪さんは薄幸でけなげな女性を上手く演じていた。何やらせても上手





ところで、連続ドラマのガリレオは、東野圭吾氏の推理小説「探偵ガリレオ」シリーズが原作。
容疑者Xの献身は同シリーズの第3弾に当たり、第134回直木賞を受賞している。今回の映画化に当たり、原作を勧めるブロガーも多かった。

  • 映画の後に原作を読んだけど、どっちも感動。もう一回映画を観てきます
  • 原作を知ってると映画がより楽しめますよ。その逆もね

映画の前に原作を読んでいる人からすると、「原作に"ほぼ"忠実でホッとした」と、やはり物語の本筋に忠実なことは好印象。また、映画を観てから原作を読んだという人も非常に多い。


心の琴線に触れる容疑者Xの献身、ドラマのファンも原作のファンも、はたまたキャストのファンも、一見の価値がありそうだ。


(林利明)

--------
■関連記事
ブログ界の“ルーキー”市原隼人の魅力
あの「相棒」が次回作で卒業!?


■「林利明」の他の記事を読む
エコ人間、アナタの周りでも増殖中?
「麻生首相」で日本はどうなる?
角界は自浄能力を発揮できるか

■kizasi.jpでみる
最新の「ガリレオor容疑者Xの献身」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.