ブログから、話題を知る、きざしを見つける

電子タバコの禁煙効果はいかに?

2008/12/24 配信

「電子タバコ」というものをご存じだろうか?

形状は本物のタバコとほとんど同じだが、内蔵バッテリーやカートリッジで構成され、火は使わず、煙も出ない。


電子タバコを吸うと、カートリッジの成分が内蔵バッテリーの熱で温められ、味の付いた水蒸気や霧になる。本物のタバコは煙を吸い込むが、電子タバコは水蒸気や霧を吸い込む仕組みだ。
先端がLEDで赤く光ったり、鼻や口からは白い水蒸気が排出されるなど、演出にも凝っている。カートリッジには種類があり、ニコチンの有無をはじめとして、バニラ味やフルーツ味、タバコ味といったテイストが用意されているのもユニークだ。


この電子タバコが、禁煙を目指す愛煙家の間でブームになりつつある。


081225tabacco_001_2

【データは、2008年12月22日18:37現在】


実際に電子タバコを試し、その禁煙効果を実感している人は多い。

  • 「1日に80本くらい(汗)吸ってたのが20本くらいに減った」
  • 「丸一日、電子タバコだけで過ごせる日が増えた」
  • 「電子タバコを始めてから禁煙が続いてます」

また、電子タバコにはいくつかの銘柄があり、値段は安いもので数千円、高いもので2万円弱だ。交換用カートリッジといったランニングコストもかかるが、ヘビースモーカーほど経済的な効果が大きいようだ。

  • 「長い目で見ればオトクかと思って買いました」
  • 「タバコの本数が減って節約もできて一石二鳥」
  • 「経済的にもこの世知辛い世の中にもピッタリかもしれません」

しかし一方で、電子タバコに馴染めなかったり、否定派の愛煙家も当然いる。

  • 「肺に吸い込んだら気持ち悪くなった」
  • 「所詮まがい物。こんなので禁煙しようと思う時点で負け」
  • 「バッテリーカートリッジの持ちが悪い。普通にタバコを買うほうが安上がり」

なお、電子タバコを試してみようと考えている人は、次のニュースも覚えておくとよい。


世界保健機関(WHO)は、電子タバコの安全性に関する声明を出している。
要約すると「安全性や禁煙効果は確認されておらず、正しい禁煙療法とは考えられない。電子タバコに使われる化学物質の中に、強い毒性があるものが存在している可能性がある。」とのことだ。


もう1つ、タイ保健省は、電子タバコの輸入販売を禁止している。
「ニコチンの含有量が多く、麻薬なみの依存性がある」という理由だ(ニコチンを含まないカートリッジを用いる電子タバコもあるが)。


禁煙グッズの効果には個人差があり、電子タバコもあくまで「自己責任」と考えたほうが良さそうだ。
本気で禁煙するなら、健康保険が適用される「禁煙外来」を開設している医療機関に相談するべきだろう。


(林利明)


--------
■関連記事
「値上げ」だらけの2008年を振り返る
タスポ導入で禁煙者急増?!


■「林利明」の他の記事を読む
もう試した?ユニクロ「ヒートテック」
夢を未来へ託して、0系新幹線が引退
安住アナのいいとも出演に大満足


■kizasi.jpでみる
最新の「電子タバコ」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(https://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.