ブログから、話題を知る、きざしを見つける

オバマ新大統領就任式の熱気に学ぶ!

2009/01/21 配信

アメリカ史上初のアフリカ系(黒人)大統領として、バラク・オバマ氏が第44代米大統領に就任した。

1月20日の就任式前から「オバマ列車」や「We Are Oneコンサート」で盛り上がる現地の様子を各種メディアで目にしたブロガーたちも


  • 「えっらい盛り上がってますね〜。なんか羨ましい」
  • 「何か変えてくれるかもしれないと米国民の期待の大きさがテレビの映像からも伝わってきます」
  • 「ビヨンセも歌うわタイガー・ウッズもスピーチするわで派手だねーアメリカっぽいー」

と「CHANGE」を前に熱狂するアメリカの様子が何かと気になる様子。就任式が始まる数時間前から「もうすぐ歴史的瞬間、アメリカ大統領就任式ですね」といった書き込みでkizasiランキング1位に入ってきた。


090122obama_ranking
【データは2009年1月20日23時30分】


演説の巧みさで知られるオバマ氏だけに「就任演説が今からとっても楽しみ」というコメントも目立ち、歴史に残ると思われる瞬間をリアルタイムで味わうべく、日本時間では深夜になった就任式生中継を見守ったブロガーも多かったようだ。テレビを前に

  • 「オバマさんのりりしい姿がちらついて眠れません」
  • 「よその国のことながら、最後まで見てしまったー」

などと書き込まれ、海の向こうの高揚感が日本のブログ上にも伝播してきている様子。厳しい現実にも言及しながらも希望を感じさせる力強いスピーチと、大群衆の存在感のなせるわざだろうか。


オバマ氏の演説の巧みさは大統領選のころから話題になっていて

  • 「オバマさんの演説を聞いていると、選挙に熱くなれる米国民の気持ちが理解できる。わが国の首相就任演説では感動しません」
  • 「シンプルなメッセージを優秀なリーダーが力強く繰り返し伝えることの大切さを感じる。」

と政治家の資質にまでコメントが及ぶことも多かった。

オバマ氏が大統領選への出馬表明をして(2007年2月)民主党の代表選を勝ち抜き(2008年8月)、大統領に選ばれる(2008年11月)間に、日本では総理大臣が2人も交代している現状を見るにつけ


  • 「今の日本で総理就任時に老若男女があれほどの関心と盛り上がりを見せることはまずない」
  • 「日本のリーダーたちは何故国民の心に響くメッセージを発することができないのか」

と寂しい気持ちにもなる。

だがしかし、オバマ大統領就任式を目撃できたことで「チェンジ」という言葉の持つ力を実感できた。どんなに厳しい状況にあっても、アメリカだけでなく世界もチェンジしてくれそうな前向きなパワーを持つリーダーの登場は、人々の表情をこんなにも明るくしてくれるのだ。

(夏目昌)


-----
■関連記事
政治家の「失言」だらけの2008年を振り返る
金融史に残る「リーマンショック」
オバマにあやかる?ア共和国杯


■「夏目昌」の他の記事を読む
子役の演技で早くも「天地人」にハマる
実りの秋に…新米・萌え米・汚染米
モテ香りの柔軟剤、ダウニー大人気


■kizasi.jpでみる
最新の「オバマ新大統領」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.