ブログから、話題を知る、きざしを見つける

前衛集団?「キュートン」の魅力

2009/03/09 配信

TBS系バラエティ番組「あらびき団」がおもしろい。

「あらびき団」は文字通り、粗挽き(荒削り)な芸が披露されるネタ見せ番組なのだが、これまで、はるな愛やモンスターエンジン、ガリガリガリクソンなど、数々の新世代お笑いスターを生み出している。

その番組で、いま一番ホットなのが「キュートン」だ。


090309kyuton
【データは2009年3月6日14時15分現在】

「キュートン」は、2002年7月に結成された吉本興業所属の6人組お笑いユニット。増谷キートン、くまだまさし、椿鬼奴ら、個性的なメンバーが視覚に強烈なインパクトを残す。彼らが「あらびき団」で披露したのは、音楽に合わせて6人が次々とポージングを決めていくというものなのだが、


  • 「ってか、キュートンかっこよすぎだろ!」
  • 「何度見てもかっこいいな~。圧倒的だな!」
  • 「いい動きするなぁ!」

など、意外なことにそのかっこよさが評価されている。もちろん、おもしろさも抜群で、


  • 「さっきめっちゃ笑ったのがキュートン。斬新だ!」
  • 「キュートン、最高すぎ!」
  • 「シュールすぎる。久々に笑いすぎて、ちょっと泣いた!」

と、まさしく絶賛の嵐だ。


メンバーは赤いレオタードを着ていたり、ふんどし姿だったり、ピチピチのボディコン服を着ていたりするので、


  • 「きもいなぁ。ガハハ!」
  • 「奇天烈にもほどがあるっつーの!なんだ、あの前衛集団は!」

といった書き込みもあるが、珍妙な格好に嫌悪感を抱く様子は見られない。


破壊力満点のパフォーマンスにはヒーリングパワーも秘められているようで、


  • 「イライラしてるときはキュートンを見ます。癒されるなぁ」
  • 「オレもふんどし巻いて大暴れしたくなってきた。楽しそうだよな。ほのぼのしてくるよ」

といった書き込みも。


まだまだ露出は少なく、それだけに「キュートン」の芸はプレミアム度が高い。また、彼らの魅力が100%披露されたとも思えない。お笑い芸人には珍しい6人という編成で、これからどんな芸を見せてくれるのか、期待させるユニットだ。


(井上晶夫)




■関連記事
"珍獣ハンター"イモトって誰?
劇団&あかねが乗り越えた荒波とは?
『R-1』ブロガーの反応は?


■「井上晶夫」の他の記事を読む
オンラインゲーム熱ってどうなったの?
「EXILE」増えすぎじゃないの!?
鳥インフルエンザ、今度はウズラから!


■kizasi.jpでみる
最新の「キュートン」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.