ブログから、話題を知る、きざしを見つける

もう行った?『国宝 阿修羅展』

2009/04/10 配信

6/7まで東京国立博物館平成館にて開催されている『国宝 阿修羅展』。

日本でもっとも有名な仏像のひとつである阿修羅像が、ほぼ半世紀ぶりに東京に出陣するだけあって、かなりの話題を集めている。


090410ashura
【データは2009年4月9日15時12分現在】

すでに会場へ足を運んだブロガーたちからも


  • 「阿修羅像が360度から見渡せた!最高!!」
  • 「法隆寺から特別出品された "阿弥陀三尊像及び厨子(伝橘夫人念持仏)"は衝撃的に美しい。びっくりたまげました」
  • 「めちゃめちゃ混んでたけど、その混雑に紛れる甲斐はあった。感動した…!」

など、絶賛の声があがっている。


この『国宝 阿修羅展』では、阿修羅像のほかにも、薬王菩薩立像や持国天立像など、重要文化財に指定されている様々な仏像や、中金堂創建にかかわる鎮壇具などが多数展示されており、仏像マニアにとっては垂涎の内容に。
また、仏像マニアの代表的存在・みうらじゅんは、今回の展示にあわせて『国宝 阿修羅展』公認の『阿修羅ファンクラブ』を設立。そこには、


  • 「会長秘書はなちゃん!? アルフィーの高見沢までいる!」
  • 「樋口可南子まで入会したらしい。仏像マニアとしては光栄」

など、意外な面々が名を連ねており、世の仏像マニアからの視線もアツイ。そんな仏像マニアは、仏像のどこに惹かれているのか調べてみると、


  • 「崇高なオーラ。刻まれた歴史」
  • 「日本史に興味を持つきっかけを作ってくれた存在」
  • 「一体一体、作りや表情が違う。たぶん一生見ていても見飽きない」
  • 「旅先で仏像を見かけると血がさわぐ(笑)」

などといった意見が。


また、なかには、


  • 「会津は仏像マニアの新聖地!昨年、夏休みのすべてを使って入り浸りました」
  • 「部屋のインテリアにも仏像。会社のマグカップにも仏像。一日中側に置いておきたい」
  • 「日本の仏像巡りで一時は貯金が尽きたが、また貯まったので次はタイあたりを目指そうかと」
  • 「うちの息子は4歳にして仏像マニア。部屋には写真がべったり貼ってあります(笑)」

などの強者もいる様子。


上記コメントで気になったのが、仏像マニアの新聖地・会津。そこでさっそく、会津の仏像に関して調べてみると、2メートル40センチもの高さを誇る巨大な"会津大仏"を筆頭に、中田観音・立木観音・鳥追観音から成る"ころり三観音"、"月光菩薩"や"四天王像"といった平安時代の仏像がずらりと揃う勝常寺など、かなりのスポットが点在している様子。


ゴールデンウィークの予定がまだ決まっていない方は、仏像マニアへの第一歩として、新聖地・会津へ出かけてみるのもいいかも。


(河野文香/effect)




■関連記事
たけしと所のウソ雑誌『FAMOSO』
出航!ゆるキャラ「たねまる」
マーリー?わさお?個性派犬がブレイク!


■「河野文香」の他の記事を読む
ミョウバンの知られざる効能とは?
ついに終止符!?ヤンクミvs3年D組
お花見弁当の中身は?


■kizasi.jpでみる
最新の「阿修羅展」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.