ブログから、話題を知る、きざしを見つける

ここがスゴいよ!餃子の王将

2009/04/10 配信

リーズナブルな価格で本格的な中華料理を味わえる『餃子の王将』が、

この3月、創業以来最高の伸び率を記録した。この好業績を支えるのは、やはり看板メニューの餃子。
世のブロガーたちは、『餃子の王将』の餃子にどんな反応を示しているのか、kizasi.jpで調べてみると、


090410gyouza
【データは2009年4月9日15時36分現在】

  • 「あのジューシーさには、どの餃子も太刀打ちできん!」
  • 「どうしてもまた食べたくなる。高級店にはない庶民さがいい」
  • 「多いときは仕事帰りに週3ペースで食べる。餃子から"おつかれさま"の声が聞こえてくる」

など、絶賛の声が相次いでいる。また、なかには、


  • 「レバニラ最高!レバーの量がケチケチしてない」
  • 「お店が広くて明るいから、息子たちと一緒に行ける」
  • 「餃子も安いが、他の料理もとにかく安い!しかもお腹いっぱいになる」
  • 「カウンター席があるから"ひとりで中華"も平気」

など、餃子だけでなく、他のメニューや価格、お店の雰囲気などを支持するブロガーも。筆者自身もよくよくお世話になっているので、そういった意見にもかなり共感できる。


また、この人気の背景には、ほかの外食チェーン店ではあまり見られない、店舗ごとによってメニューが違う、いわゆる"ご当地メニュー"も関係しているとのこと。そこでさっそく、"王将ご当地メニュー"を探ってみると、


  • 「名古屋の王将には台湾ラーメンなるものがある。これが激辛!」
  • 「東京都の王将ファンの間では有名ですが、水道橋店には餃子食べ放題コースがありますよ~」
  • 「横浜・桜木町店にはサンマーメンがあるらしい」
  • 「下北沢店でジンギスカン炒めを食べた。中華料理じゃないのにウマかった」
  • 「大阪に行った際、確かWindows定食というのを食べた記憶が…」

などなど、個性派ぞろいのようだ。


ちなみに、ここ最近の外食業界は、和・洋・中と多彩なメニューが揃うファミリーレストランよりも、低価格で本格的な味が楽しめる専門店に人気が移行しつつあるとのこと。その一例として、イタリア料理レストランの『サイゼリヤ』人気もあげられる。


090410saizeriya
【データは2009年4月9日15時36分現在】

やはり、ブロガーたちのなかにも


  • 「メニューに290円の文字を見たときには驚いた」
  • 「パスタやピザがこの値段で、しかもアツアツが食べられるなんて幸せ」
  • 「ワインが飲みたくなったら行きま~す」

と、支持する人も多い様子。


ふところ事情が厳しいときは、毎日のことだけに、食費を削りたくなるもの。とはいえ、ときには美味しいものをたらふく食べたい。そういった私たちのニーズに応えてくれる『餃子の王将』ならびに低価格専門店。そんな外食産業の異端児の動向から今後も目が離せない。


(河野文香/effect)




■関連記事
カップ麺に革命起きるか!?
バナナからオイルに?ダイエット事情
自炊ブーム到来!?不景気が食生活を変える


■「河野文香」の他の記事を読む
ミョウバンの知られざる効能とは?
ついに終止符!?ヤンクミvs3年D組
お花見弁当の中身は?


■kizasi.jpでみる
最新の「餃子の王将」
最新の「サイゼリヤ」

コメント

【繁盛店を作る内装屋】満田次郎

繁盛店作りのプロとして、餃子の王将のすごさを分析してみました。

その秘密のひとつは、ネーミングにあると思っています。

「シュウマイの王将」や、
「八宝菜の王将」では、

今みたいに流行ってなかったかも?

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.