ブログから、話題を知る、きざしを見つける

こっそり、ぐっすり…最近の昼寝事情

2009/05/01 配信

みなさん普段、昼寝してますか? 特にぽかぽかと暖かく過ごしやすいこの時期は、仕事中にもかかわらず、ついウトウトと…。

やはり、ブロガーたちのなかにも、


  • 「気付くと知らぬ間に30分くらい時間が経ってる…」
  • 「目覚めた瞬間の、周りの人たちからの視線が痛い。だって眠いもん」
  • 「午後、会社の男子トイレの個室は満室。みんなグッスリお昼寝です」
  • 「この眠気には勝てんでしょう! 人気のない喫煙室で眠りますzzz」

など、日中襲いかかってくる睡魔に、つい身をゆだねてしまう方が多い様子。そんなブロガーたちの意見を検証していくと、ほとんどの方が昼寝に対して、


  • 周囲から冷ややかな目で見られる
  • 人気のないところでこっそり眠る

など、“申し訳ない感”を抱いてるようだ。確かに、昼寝というと、サボってる、怠けてる、なんてマイナスイメージが強い。



【データは2009年4月30日16時30分現在】


しかし、ここ最近は、そんな昼寝に対して、新たな動きが生まれてきているようだ。


  • 「この春から会社で、昼休み終了後、20分間のお昼寝タイムが設けられました」
  • 「今まで夜しか開いていなかった仮眠室が、午後もオープンに!」
  • 「昼寝制度が導入されたため、午後1時過ぎのオフィスは静まりかえってま〜す」

といった意見があるように、ここ最近は、昼寝の効果が見直されつつあり、昼寝を推奨する企業も増えていている。なかでも、注目を集めている効果が、集中力&仕事効率のアップ。昼寝をし、脳に適度な気分転換や休息を与えることによって、脳の疲れが取れ、集中力が高まるそう。また、一説によると、昼寝によって右脳が活性化し、仕事の効率もあがるのだとか。
そんな昼寝の効果を身を持って体験している人も多いようで、


  • 「昼寝をした日としない日では、仕事のペースが全然違う」
  • 「午後、一気に集中できるせいか、夜も自然と眠くなる」
  • 「仕事の効率もそうだけど、なぜか気分もアガる!」

などの意見もあがっている。
また、すでにニューヨークで話題となっていた昼寝サロンなる施設も、近年ようやく日本にオープンし、利用者は急増している。
かつては“こっそりウトウト”、だった昼寝も、今後は“ぐっすり堂々と”が主流になりそうな予感。
ちなみに、そんな昼寝を効率よく取るには、


  • 睡眠時間は20〜30分
  • 横にはならずうつぶせで
  • 眠る前にコーヒーを飲む(カフェインの効果がおよそ30分で出始めるため、目覚ましにぴったり)

が得策なのだとか。
上記内容で理論武装して、連休明けはオフィスで思いっきり昼寝に没してはいかが? 怒られない程度にね。
(河野文香/effect)




■関連記事
涙ぐましい?微笑ましい?弁当男子
暑い、ビールだ、何飲もう?
バナナからオイルに?ダイエット事情


■「河野文香」の他の記事を読む
ここがスゴいよ!餃子の王将
もう行った?『国宝 阿修羅展』
最近のイケメンの条件とは?


■kizasi.jpでみる
最新の「春は眠い」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.