ブログから、話題を知る、きざしを見つける

内定そろそろ?まだまだ?就活模様

2009/05/13 配信

オフィス街を歩くリクルートスーツ姿に疲労感も感じるようになった5月。

就活生たちのブログをのぞいてみると、「内定モラタ」人から「説明会の予約もできない〜」人まで悲喜こもごもな状態があふれている。


090513shukatsu
【データは2009年5月10日21時】

企業の採用数が減るなど不況のあおりで一気に厳しくなった就活事情、やはり苦戦している様子が目につく。


  • 4月は内定もらえなかったけど、マラソンみたいなもの。5月もがんばろう!
  • 相変わらず就活続けてます。納得できる会社の選考がまだ先なので、6月ぐらいまで頑張る予定
  • 新緑の季節ですが内定がありません。持久戦だぜ!

と苦しいながらも、前に進もうという気持ちの強さが感じられるコメントも多く頼もしい。

ただ時期的に最終面接まで行って玉砕、というパターンも多いのか、ダメージの大きさがリアルに伝わってくる記事もあり


  • 最終面接落ちました…再スタートだよよよん。マイペースでかなり楽天的な私ですが、さすがにそろそろきつい〜
  • あ〜これで持ち駒がなくなった。4月上旬の面接ラッシュの果てがこれだから、なんか燃え尽き症候群的。
  • また今日ひとつ落ちてましたー。落ちまくりすぎー。

など、そばに行って肩をたたいてあげたくなるほどの落ち込みぶり。

こういうときは


  • はぁー就活やだよぉぉぉぅ。モンスターとか倒して生活していきたいよぉ。
  • どーしよー。就活やだやだー。

といった心の叫びも当然か。景気が良くても悪くても就職活動に「先が見えない不安感」や「ご縁がなかったときの自信喪失」はつきものとはいえ、生まれた年が1年違うだけでガラッと状況が厳しくなる不条理も感じる。

ただ時代のせいにしたり暗い気分のままでいても事態が好転するわけもなく


  • あのイヤな面接官みたいな人の下では働きたくない!大手だろうがドコだろうが「自分が活きる場所」ってのが大切だと思う。
  • 就活してると新聞読むのが面白くなってくるね!100年に1度の不況もわかってキター!
  • 就活が難航している原因は、志望動機に「自分がない」から。認めなくなかったけど、目を背けずに考えてやっとわかった。

といった“闘っている”コメントも目立つ。いつの時代も、人生観や仕事観に影響を与えるような気付きがあったり人間的に強くなるのが就職活動なのだ。

今は苦しい状況にある人も、その先に


  • いよいよ社長面接へ。油断はできないが、この一歩はかなり大きい。あと一歩、全力を尽くすしかない。
  • やっと、就活終われます。行きたかった業界の、行きたかった会社。電話受けながら泣きそうになった。
  • いろいろ苦しかった時期もあり、体重落ちたりもしたけれど、ハッピーエンドで終わったー♪

といった領域が待っていると信じて……がんばれ全国の就活生!


(夏目昌)



■関連記事
どうなる!? ワークシェアリング導入
自炊ブーム到来!?不景気が食生活を変える
不況に立ち向かう術はあるか…!?


■「夏目昌」の他の記事を読む
いつだって女子は「自分にごほうび」
モテ香りの柔軟剤、ダウニー大人気
高速代1000円でどこ行く?なにする?


■kizasi.jpでみる
最新の「就活」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.