ブログから、話題を知る、きざしを見つける

みんなの“すべらない店”とは?

2009/05/01 配信

『人志松本のすべらない話』のプロデューサー佐々木将が、松本人志とともに長年食してきた“すべらない飯”をまとめたグルメ本『人志松本のすべらない話のプロデューサー将佐々木のすべらない店』を出版した。

どうやらこの佐々木Pは、フジテレビ内随一のB級グルメ好きらしく、その内容には早くも期待が高まっている。
やはり、ブロガーたちのなかにも、


  • すべらない番組を作れる男なら、きっと食生活だってすべらないはず!」
  • 近所のお店が載ってたりして…早く読みたい!
  • 松っちゃんのコメント付きとか。彼も食通っぽいから、期待できそう

と、心待ちにしている方が多い様子。
そんな、世間からアツイ視線を浴びるこの一冊には、「すべらない店選びの十則」「すべらない料理+お店の紹介」などに加え、「将佐々木のまさかと思ったすべった店」も掲載されているとのこと。実体験をもとに綴られているだけに、かなり信憑性の高い内容が期待できる。


やはり食事、とりわけ外食に関しては、さまざまな要素を吟味して慎重に選びたいもの。ならば、やはりみなさんも、自分なりの“すべらない店(いい店、おいしい店)”の条件を持っているのでは? と、さっそくブロガーたちの意見を探ってみると、


090501suberanai
【データは2009年4月30日18時20分現在】

  • 店員の態度、これに限る。どんなに飯がうまくても態度が悪いとNG
  • 早い、旨い、安い、この条件をクリアし、なおかつ地元民に愛されている
  • ご飯大盛り無料。白飯代をケチケチするような店は繁盛しないし、2度行きたくはならない

など、さまざまなこだわりがアップされている。
また、ここ最近の不況や食品偽装の問題などを反映してか、


  • チャージ料orお通し代取る店は基本的にイヤ。300円でも無駄にしたくない!
  • 食材の産地が明記されていること
  • ワンコインランチは当たり前。高くて旨いのは当然じゃん

といった“すべらない条件”も目立つ。
また、さらに厳しい視点から判断している人もいるようで、


  • 店内のニオイで、新鮮な油を使っているかを判断してます
  • クーポン雑誌に載ってる店へは行かない。広告料ばっか払って、肝心な食材にお金をかけてなさそう
  • 店員が客のタイミングを見ているかどうか。席を立ってる間にビールとか運ばれてくると萎える…

など、思わず納得させられる意見もちらほら。
そんな、さまざまな意見をまとめていて気付いたのが、みなさん“すべらない店”の条件には、味うんぬんより、店員の態度やお店のサービスに重点を置いていること。飽食のこの時代、人々が本当に飲食店に求めているのは、“おもてなしの心”なのかもしれない。
(河野文香/effect)




■関連記事
ここがスゴいよ!餃子の王将
千原ジュニアの孤独と繁栄
芸人本、じゃんじゃん発売!


■「河野文香」の他の記事を読む
婚活バーまで登場! 「婚活」ブーム最前線
今年の新入社員の傾向&対策とは?
宮崎あおい主演で『ソラニン』映画化


■kizasi.jpでみる
最新の「いい店・おいしい店」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.