ブログから、話題を知る、きざしを見つける

地デジカに賛否両論!?

2009/05/01 配信

地上デジタル放送推進のメインキャラを務めてきた草なぎ剛に代わる、新キャラクターが日本民間放送連盟から発表された。

その名は「地デジカ」。鹿がモチーフとなっており、二本足で、角はアンテナの形。デジタル放送を開始した2003年生まれとのことだが…この新キャラクターに、ブログ内は賛否虜論の嵐。


090430blogparts
【データは2009年4月30日17時20分現在】

肯定派の意見をまとめると、

  • つぶらな瞳がかわいいよね〜。
  • 馴染みやすそう。似顔絵もすぐにかけました。
  • ヘタうまなイラストがナイス! 可愛い!

といった意見が大半を占めており、手書き風のラフな絵柄に親近感を感じている様子。逆に否定派の意見は……


  • 手を抜き過ぎ。やっつけか?
  • 地デジ力(りょく)って読んじゃった。
  • 草なぎ君報道の直後って……やらしいな〜。

など、イラストそのものへのコメントに混じり、ネーミングや地デジカ誕生の背景への批判も少なくない。

さらに、そんな地デジカを巡り早くも問題が勃発した。美少女化や萌え系化をはじめとする地デジカの二次創作化に対し、日本民間放送連盟は


許されるものではない。見つけ次第、厳しく対応する


とコメント。引いては様々なサイトで描かれている地デジカのイラストを否定する形となったのだ。これに対して、イラスト好きのブロガーの多くは


  • いくら怒っても規制は無理でしょう。自由自由〜。
  • どんな形であれ広まってんだからいいじゃん。
  • 対応ってどうするの。損害賠償金とか? 誰も払わねーよ。

といった言葉で応戦。著作権問題を唱える日本民間放送連盟と、表現の自由を唱えるブロガーたちが真っ向から対立する形となっている。


善くも悪くも世間から大きな注目を集めるこの新キャラクター。その800日の寿命をどのように全うするか、今後もチェックしたい。
ちなみに、誕生すぐに物議をかもし出したキャラクターとして、奈良の「せんとくん」が記憶に新しいが……その現在のイメージを探ってみると


  • せんとくんグッズをゲット! 感激です。
  • リアルせんとくん、以外と迫力あり! 見れてよかった。
  • せんとくんのイラストかわいい。大ファン。

といった肯定的なものがかなり多く、当初の「気持ち悪くない?」といった声を完全に払拭。
地デジカにもきっと春は来る!
(山葉のぶゆき/effect)




■関連記事
「DL違法化」でダウンロードした側も罪に?
地デジ対応は準備OK?
あの「せんとくん」に、対抗キャラ「まんとくん」登場!!


■「山葉のぶゆき」の他の記事を読む
トータルテンボス、鼻高々!
市原隼人がラップでデビュー
携帯がハンドバッグ型って?


■kizasi.jpでみる
最新の「地デジカ」

コメント

これ何を論ずるの? 生身のタレントなら醜聞もあるけど、キャラなら加工して楽しめばいいじゃん、と言う事?

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.