ブログから、話題を知る、きざしを見つける

Windowsの新バージョンが年内に登場か?

2009/05/17 配信

パソコンの基本ソフト(OS)では、マイクロソフトの「Windows」が圧倒的なシェアを占めている。

そのWindowsの新しいバージョンとなる「Windows7」が、2009年内にも登場しそうだ。

今年の1月にWindows7のベータ版が公開され、さらに先日、正式な製品候補版となる「Windows7 RC版」がリリースされた。マイクロソフトの幹部も、アメリカでのインタビューで「製品版の正式リリースは2009年内を予定」と明らかにしている。

今後はRC版をベースに、RC版をテスト使用しているユーザーからのフィードバック(不具合の報告など)を反映させ、製品版へと仕上がっていく。

kizasiで「Windows7」を調べてみると、ベータ版とRC版が公開された時期に、ブログの話題量が急激に増えている。新しいWindowsに関心を寄せているブロガーは多いようだ。


090517windows
【データは2009年5月15日12時00分現在】

実際にWindows7のベータ版やRC版を試用したブロガーの声を拾ってみると、おおむね好評である。


  • 悪くない。Windows Vistaよりずっと軽快になってる
  • 発売後の状況を見つつ、たぶん導入すると思う
  • 今はWindows XPだけど、Windows Vistaを飛ばしてWindows7にする

目立ったのは、現行バージョンの「Windows Vista」と比べて、Windows7の動作が軽快になっていたり、使いやすくなったという感想。Windows Vistaは、特にパソコン歴の長いユーザーや企業ユーザーから不評で、前バージョンのWindows XPを使い続けている人は多いのだ。


さて、Windows7には色々な新機能が搭載されているが、中でも関心を集めているのが「Windows XP互換モード」。Windows7の中でWindows XP環境を再現し、Windows7に未対応のソフトでも利用できる機能だ。


  • これは親切。古いソフトを使い続けられるのは嬉しい
  • 仕事の専用ソフトが問題なく動いた。助かるなぁ

ただし、ゲームなど高いグラフィック性能が必要なソフトは、Windows7が持つWindows XP互換モードでも動作しないと考えたほうがよい。

もっとも、


  • Windows XPが一番。マイクロソフトのサポート期間が終わるまで使う

といった声も根強い。

また、Windows7の登場時期が正式に発表されたとすると、現行パソコンの買い控えが起こりそうな気もするが、新しいパソコンが欲しい人にとっては逆にチャンス。現行パソコンが大幅に値下げされたり、Windows7への無料アップグレード券などがサービスされる可能性が非常に高いからだ。


  • 1〜2世代前の型落ちパソコンを安く買う!
  • Windows7モデルは年末かな?在庫処分の旧モデルが超お買い得でしょう
  • 年末に向けてパソコン貯金しとくとイイコトあるかもね

などと、早くもWindows7登場後のお買い得パソコンを狙っている人も。

いずれにしても、Windows7はけっこうなフィーバーになる予感がする。

(林利明)




■関連記事
話題のEee PC。ライバルはMac?!
「新型MacBook」、そのたたずまいに惚れる
NOパソコン人間のカミングアウト続々


■kizasi.jpでみる
最新の「Windows7」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.