ブログから、話題を知る、きざしを見つける

国営マンガ喫茶、ブログ上での賛否両論

2009/06/24 配信

2009年度補正予算で建設費117億円の予算が成立し話題を呼んだ「国立メディア芸術総合センター」(仮称)。

民主党が「巨大国営マンガ喫茶」と揶揄したキャッチィなフレーズの影響もあり、ブログ上でもこの言葉を使って様々な意見が語られている。


090624manga
【データは2009年6月21日14時40分現在】


  • 誰がこんな施設を求めているのでしょうなぁ。
  • この景気の悪いときに国営マンガ喫茶なんてバカなことにお金使うんじゃない
  • 文化より衣食住を優先すべきでないか。

など、117億円という予算の大きさから「国が多額の税金をつぎ込んでつくる、無駄なハコモノ」として批判するコメントには勢いのあるものが多い。

ただこの「国立メディア芸術総合センター」、具体的な中身がほとんど決まっていないものの、アニメやマンガ、テレビゲームなど海外で高く評価されている日本のサブカルチャーの発信拠点となるという。この点を支持する“サブカル派”ブロガーも多く、その語気も強い。


  • 世界に認められるものに育てあげた立派な文化、国を挙げて発信しましょう。
  • 「アニメの殿堂」ほど正しい予算の使い方はない。
  • 日本のアニメ・マンガ・ゲームは重要な輸出産業であるということを認識すべき。

こうしたサブカル支持派にはハコモノ批判に対する反論コメントも目立つ。
・ムダだからやめろという人のムダという理由が「マンガなんか低俗だから」であったら許せない!
・単に政府を叩くための材料としか思ってないなら、そんな人に文化政策に口出ししてもいたくない

両極で熱くなっている主張にはカルチャーや政局など論点が入り乱れているだけに、バランスをとったコメントはしっくりくる。

  • 世界中から愛されている日本のサブカルの行政的拠点があってもいいと思う。
  • 発想は面白いと思う。日本版ルネッサンスですな。
  • せっかくマンガ太郎が首相なんだから、これくらいの観光収入と経済効果を見込んでいるとか言い切ってほしい。

しっくりくるものの、それで解決するような問題でもない。これまでもアキバ系の話題に「マンガ太郎」「ローゼン閣下」などと登場していた麻生首相、問題はこの経済状況下でマンガ太郎が117億円の予算を通したというタイミングの悪さなのかもしれない。


(夏目昌)



ブログランキング&成分解析『blogram』サービス開始


関連ブロガー☆ランキング
【必見】「コミック」を話題にしているブロガーランキング


■関連記事
エコカー減税(経済政策)への反応
エコポイント発生で、買い換えの予定は?
鳩山民主党に期待できる?


■kizasi.jpでみる
・最新の「国営マンガ喫茶」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.