ブログから、話題を知る、きざしを見つける

手塚治虫×玉木宏の映画「MW」は過激!?

2009/07/11 配信

7月4日、手塚治虫の同名マンガを原作とした映画『MW-ムウ- 』の全国上映がスタートし、早くも話題をよんでいる。

16年前に政府から隠蔽された事件の復讐のため、次々と殺人を犯していく主人公に玉木宏、彼を救おうと思い悩む神父を山田孝之が熱演。


090711mw
【データは2009年7月8日17時00分】


彼らの関係が複雑に絡み合いながら、物語は復讐劇から人類滅亡という狂気へシフトしていく。
感想をアップしたブロガーたちからは、

    ・玉木宏が演じた主人公の悪役っぷりは圧巻でしたね。
    ・主人公の2人がものすごくかっこ良かったです。
    ・善悪の狭間で揺れ動く山田孝之の演技が魅力的!


など、主演2人を賞賛するコメントが。しかし、復讐が基盤になっているストーリーだけに残酷なシーンも多く、


    ・むごい場面が多くて、少しだけ具合が悪くなってしまった。
    ・血が苦手な人には、あまりオススメできない映画です。


と、凄惨な殺人描写に苦手意識を持つ人もいた。ちなみに、この作品はPG12に指定されているので、子供に観せる場合には注意が必要である。
その一方で「原作と比べて過激さが足りない!」という意見も。実際、マンガでは同性愛なども盛り込りこまれており、禁断の問題作とされている。『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック』などの、少年向けの手塚作品しか知らない人には衝撃的な内容だろう。
そこで、手塚治虫の大人向け作品に興味を持ち、kizasiで調べてみると、


    ・『アドルフに告ぐ』が好きすぎて、セリフを全部憶えてしまった。
    ・最近のマイブームは『陽だまりの樹』。手塚治虫は天才を通り越して神だ!
    ・規制が厳しい現代では『奇子』のような傑作はもう生まれないだろう。


といった、熱烈なファンからのコメントが目立っていた。夢を与えるだけではなく、絶望や恐怖といった人間の負の側面を描いたからこそ、手塚マンガが輝き続けるのかもしれない。
今年で丁度、死後20年を迎えることとなった手塚治虫だが、それでもなお作品は風化することなく、新しい感動や発見を人々に与え続けている。

(佐藤潮/effect)



 


関連ブロガー☆ランキング

【必見】「手塚治虫」を話題にしているブロガーランキング


■関連記事
宮崎あおい主演で『ソラニン』映画化
「ゲゲゲの女房」ドラマ&映画化
友達にすすめたくなるマンガ『ちはやふる』


■kizasi.jpでみる
・最新の「MW ムウ」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.