ブログから、話題を知る、きざしを見つける

【ブログトレンドウォッチ】「値下げ」の価値が希薄に?

2009/07/22 配信

「ブログで話題の出来事をマーケティングの側面から見るブログトレンドウォッチ」
「値下げ」の価値が希薄に?


ここのところ毎日のように目にする「値上げ」「値下げ」のニュース。
消費者たちはどのように感じ取っているのだろうか?
「値上げ」「値下げ」に関してブログに書き込まれた数と、各々どのようなモノについて語られているのか調べてみた。


090721price_001

【ブログクチコミサーチ BY Kizasiを使用】

ブログの書き込み数は、2008年上半期は「値下げ」よりも「値上げ」の書き込み数が圧倒的に多い。
原油高騰・暫定税率適用による「ガソリン代値上げ」と、「小麦」を始め「パン」など値上げラッシュとも言われ家計を直撃した食品類が「値上げ」の話題であった。


しかし、2008年9月頃からはガソリン代の動きが安定して、「値上げ」「値下げ」書き込み数は拮抗の状態を辿るが、2009年に入ると書き込み数は逆転し「値下げ」のほうが多くなっている。
「値下げ」を盛り上げた先駆けは「高速道路1000円」で、ほかにも「スーパー」「iPhone」などの言葉が見られた。


今後、小売りや通信業界を中心に値下げ競争が進みそうだが、「値下げ」をすれば購買行動を喚起できるのだろうか?「値下げ」について語られているワードを元に調べてみた。


090721price_002

【ブログクチコミサーチ BY Kizasiを使用】

2008年下半期は、値下げの関連語に「嬉しい」「欲しい」という消費欲や、値下げで実際に「買った」という購買行動につながる言葉が増加し、値下げの心理的効果が見て取れる。恐らく、長く続く「値上げラッシュ」にウンザリしてきたタイミングでの「値下げ」が功を奏したのだろう。


しかし、2009年上半期は「値下げ」のブログ数は増加してきたにも関わらず、同割合に伸長は見られず、むしろ減少している。


この一因として、節約志向が根付いたことで人々の消費に対する賢明さがレベルアップし、「値下げ」に慣れてきたことが考えられる。つまり「値下げ」の価値が希薄になってしまっているのではないかということだ。


人は、その時の状況に応じて「高い」「安い」を判断する「心理的財布」を持っていると言われている。
この不況下では、消費者は単なる「値下げ」では「心理的財布」を容易に開かなくなっており、今後も企業の涙ぐるしい努力が続きそうだ。


(高宮真琴)


ブログランキング&成分解析『blogram』サービス開始


■関連記事
暑くないときにガリガリ君は売れるか?
価格?エコ?ハイブリッド車への関心は?
ユニクロの牙城に、しまむら迫る!?
オモシロCM「虫コナーズ」宣伝効果をブログで測定
多様化する味、コーラ商戦の行方は?
西友「KY宣言」効果は?
大人のサザエさんCMの続編は?
iPhone発売その後…。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.