ブログから、話題を知る、きざしを見つける

『新劇場版エヴァンゲリヲン:破』の評価は!?

2009/07/23 配信

6月27日から公開がはじまった『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』。その興行収入は公開17日目にして、

早くも前作の『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』が記録した20億円を突破。公開10日目で、観客動員数100万人も達成している。


090723eva
【データは2009年7月21日13時30分のランキング】

テレビシリーズの『新世紀エヴァンゲリオン』が公開された1995年から10年以上を経て、新劇場版が上映されているわけだが、改めてその根強い人気と作品の持つパワーを示す結果になっている。


さて、10年越しのこのエヴァンゲリヲン、“待ちに待った!”という人も多いだけに、絶賛の声が多数書き込まれている。劇場の雰囲気については、こんな書き込みが。


    ・初日に観ましたが、綾波のコスプレしてきてる人がいて、エヴァ祭りって感じがしたなぁ。
    ・映画が終わると劇場にいたみんなが拍手。あんなふうになった作品って初めてかも!
    ・序もよかったが、破はさらによし。いや~、待った甲斐があった。また2年、期待して待てるよ!

また、内容についても、


    ・絵のきれいさ、絵で味わう快感がすばらしい。クオリティ高ぇ~。
    ・新キャラの真希波はアリ、ですね。時代の要請に応えたキャラクター性がよい。
    ・綾波に旧シリーズとは違った前向きな様子があり、衝撃を受けた。


など、新たな展開を見せる作品性も好感を持って受け入れられているようだ。


一方、否定的な意見としては、


    ・アスカがないがしろにされすぎなような。アスカのいいところが真希波に浸食されているよ~(泣)。
    ・ちょっとストーリーがわかりずらかったです。テレビシリーズを観ていないからかな?
    ・各キャラクターのトラウマ性が薄れてしまっていた。トラウマを時代が求めてないからか?


といった意見があった。


この『新劇場版エヴァンゲリヲン』は、過去のシリーズとは似て非なる世界を再生しているともささやかれている。キャラクターが背負う背景のボリュームも軽くなり、世界観が少しやわらかくなっているようだ。


さらなる続編も用意されている『新劇場版エヴァンゲリヲン』。次回作の公開は2年先とのことだが、これまでにさまざまな衝撃を与えてくれた作品であ るだけに、早くも次作に期待を寄せて、気持ちを高ぶらせているブロガーの姿が多数見受けられた。作品が完結するまで、まだまだブームの熱は下がりそうにな い。



(イノウエキオ)


 


関連ブロガー☆ランキング

【必見】「エヴァンゲリオン」を話題にしているブロガーランキング


■関連記事
エヴァ実写ドラマ化計画のウソ
アメトーーク「芸人」ランキング
今熱い深夜アニメ「マクロスF」


■kizasi.jpでみる
・最新の「エヴァンゲリオン」

コメント

マリ

真希波・マリ・イラストリアスにメロメロです。

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.