ブログから、話題を知る、きざしを見つける

人気変わらず! GLAY15周年に15万人

2009/08/22 配信

8月15〜16日、GLAYが日産スタジアムでデビュー15周年を飾るライブを行なった。

「THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM」と名付けられたこのイベントは、なんと15万人ものファンを動員。大成功を納めた。もちろんライブを楽しんだブロガーたちの満足度も高く、


    ・15年の歴史を感じる最高のライブでした。ありがとうGLAY!
    ・GLAYへの愛を再認識。素敵すぎて涙があふれて来ました。
    ・ライブに行ったおかげでMYブーム再燃です。今回は一生続くかもしれない。


と、思い思いの言葉で感動を表現。多くのコメントがアップされ、kizasi内での注目度も急上昇した。



【データは2009年8月20日12時00分】

15年前の1994年、X JAPANのドラマーであるYOSHIKIに認められメジャーデビューを果たした彼ら。その後、8枚目のシングル『グロリアス』で人気に火が付き、『口 唇』や『HOWEVER』といった代表曲で一躍スターダムにのし上がった。さらに、1999年に開催された屋外ライブ「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」では、動員数20万人という大記録を達成。90年代の日本の音楽シーンを華々しく飾った。
しかし、ここ最近はメディアへの露出も減り、人気衰退がささやかれていたのも事実。確かに街中で、彼らの楽曲を耳にする回数も少なくなってきたように感じるが……。


    ・音楽番組そのものがあんまり盛上がってないからね〜。
    ・CD全体のリリースが少なくなっただけで、ファンが離れたわけではない。
    ・テレビ出演より、ライブを中心に活動しているからです。


といったコメントも発見。なによりも、今回の15万人動員ライブが健在ぶりを証明している。
だが音楽業界の流れの中では、90年代にブーム を巻き起こしたビジュアル系ロックバンドの衰退が目立っている。そして、その中から抜け出し、国民的に指示を得たアーティストだけが現在生き残っているよ うにも感じる。そこで、当時ビジュアル系と呼ばれるアーティストたちへのコメントを調べてみると。


    ・Gacktがビジュアル系出身だってことは、もう忘れてください。
    ・今思うとDir en greyはビジュアル系ではなかったように感じる。
    ・L'Arc-en-Cielはビジュアル系バンドではありませんよっ! ロックバンドです!


などなど、ブームを牽引していたバンドのファンたちは、ビジュアル系と呼ばれた過去に大きな不満を抱いている様子。その他大勢の中で異才を発揮し、 パフォーマンスのみならず音楽的にも秀でていた彼らを、安易に「ビジュアル系」という枠組みに入れるのは確かに間違っているかも知れない。が、その枠組み にいたことを否定することも、ちょっと違うんじゃあ……。

(佐藤潮/effect)



関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「GLAY」 を話題にしているブロガー


■関連記事
復活のユニコーンに世代を超えた期待感
過去最大の来場者!アースデイ東京2009
2大ギタリスト、奇跡の「競演」に大興奮


■kizasi.jpでみる
・最新の「GLAY」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.