ブログから、話題を知る、きざしを見つける

もみじマークの再公募にブロガーたちは?

2009/08/04 配信

「もみじマーク」(高齢運転者標識)のデザインが変わるかもしれない。

70歳以上の高齢ドライバーに表示の努力義務がある「もみじマーク」のデザインに、あまり思わしい印象が持たれていないことが警察庁のアンケートで分かったため、
同庁はデザインを見直す方向だ。


090804maplemark
【データは2009年7月31日11時45分現在】

同庁のアンケートによれば、デザインの印象は「紅葉ではなく、枯れ葉を印象づける」(42%)が最も多い。ブログ上でもこのアンケート結果を裏付けるかのように、


    ・ず〜っと“落ち葉マーク”と読んで、落ち葉=危険と勘違いしてました
    ・あれ?枯葉マーク?落ち葉マークだっけ?
    ・色が枯葉を想像させる?もみじなんやから、当り前やんか!


と、枯葉・落葉を連想したり、そう思い込んでいたことを打ち明けるブロガーは多い。しかし一方で、現在のデザインを支持する人も存在。


    ・別に変なデザインとも思わないんだけどな
    ・美しい葉をデザイン化したマークが、自分の運転歴に色を添えてくれる
    ・目にする度に、うわぁ、頑張ってますねとエールを送りたくなる


など、アンケート結果では「枯れ葉」に次いで多かった「暖かみや親しみを感じる」(26%)印象を象徴するようなコメントも散見された。
抽象的なデザインほどイメージのバラツキは大きいため、まずは、枯れ葉のイメージを払拭するよう仕掛けた現行デザインの普及活動を行ってみる手もアリかも?

とは言え、警察庁は今後、代替案を再公募し、現在のもみじマークと比べるためのアンケートを経て最終案を決定する方針を示している。
そうなると、やはりブロガーたちには気がかりは・・・


    ・もみじマークの作り直しとなると、一体いくらかかるのか?
    ・アホみたいに税金を使って、無駄な事はしないでもらいたい


など費用や労力面にも及ぶ。まだ記憶に新しい「東京都の水道局がワッペンの作り直しで3400万円かかった」ニュースを事例に挙げるブロガーも少なくない。
また、代替用の新デザインについては、


    ・普及している初心者若葉マークと共用すれば問題ないのでは
    ・幼児同乗車や妊婦や障害者ドライバーも、若葉マークを共用すればいい
    ・運転歴や年齢に応じた色のシールの貼り付けを義務付ければ?


など、新しいデザイン考案に積極的というよりは、運転者の保護を目的として、他の車に注意を促せることが最優先と考えるブロガーが多そうだ。


年内には最終的なマークを決定するとあって、今後も目が離せないニュースである(8月22日まで代替案の選定基準の考え方について警察庁HPなどで意見を募集中)。
どのような結論が下されるのか気になるところだが、1997年の導入当初にも「枯れ葉のようだ」との声があり、そのイメージが収束することはなかったことになる。

もしも新マークになるのならば、いずれはマークにお世話になる若世代も含め、導入時から評判がよいマークが選考されることを期待したい。




(高宮真琴)


 




関連ブロガー☆ランキング

【必見】 「事故」 を話題にしているブロガーランキング


■関連記事
改正道路交通法 気になるのは「自転車」?「シートベルト」?
自転車通勤、急増の真実は?!
中国の新車販売台数は世界一ィ!


■kizasi.jpでみる
・最新の「もみじマーク」

コメント

mori  seigo

初心者マークと同じでよいと思います。わざわざ周囲に「年寄りでございます」なんて宣伝する必要は何処にあるのですか。「もみじマーク」を付けているために車の後を自宅まで追跡されて犯罪のターゲットにされたりと云うことも聞きます。運転弱者という面からすれば初心者も高齢者も同じではないでしょうか。特に高齢者をターゲットにする犯罪が
横行している現在、少しでも犯罪の危険を除去する方策を検討していただきたいです。
 どんなにデザインが良くてもわざわざ新しいマークにする必要はないと思います。どうか初心者マークと同じマークに決めてください。

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.