ブログから、話題を知る、きざしを見つける

もう、休刊じゃあ、驚きません

2009/08/13 配信

もう、どんな雑誌が休刊しても驚かないんじゃないだろうか?
名のある雑誌の休刊・廃刊ニュースが流れても、“またか”程度の感想。

1997年をピークにした雑誌の売り上げは、前年割れを繰り返し、媒体として、じり貧の印象ばかりが強調されるようになった。

この出版不況を、ブロガーたちはどうとらえているのだろう?


090813discontinued
【データは2009年8月12日17時00分】

ちょっぴり安心なのは、さびしい、というコメントが見られること。


    ・「スタジオボイスが休刊とは…。若い頃、よく読んでいただけに信じられない。
    ・あんまり読まなかったけど、「諸君!」がなくなったはさみしいな…。
    ・相葉ちゃんの連載がはじまったばかりの「マリ・クレール」休刊。ちょっとウケたけど、切なかった。
    ・「月刊少年ジャンプ」、結構好きな漫画もあっただけに、残念です。
    ・ヤンサン復刊しないのかな。ずっと読んできたんだけどなぁ。


雑誌にもちゃんとファンはいて、休刊をさびしい事実として受け止めている。売れる冊数がへり、広告収入が取れず、休刊に追い込まれた雑誌の編集者には、たとえ少数であってもこの声はうれしいはずだ。

しかし同時に、きびしいコメントもちらほら。


    ・「千葉ウォーカー」とかいらない。そんなに紹介するところもないでしょうに。
    ・おもしろい雑誌があれば買うが見当たらない。編集者の力量不足では!?
    ・情報の鮮度でネットに対抗できない。ネットならほしい情報だけ集められるし。


次々に雑誌が休刊していく理由が、「そもそもおもしろくない」し、「他のメディアのほうが魅力的」であるならば、雑誌文化の未来は、かなり暗いものであると言える。
なんらかの変革が起こらなければ、雑誌は時代遅れのメディアとして、このままなくなってしまうのかもしれない。



(イノウエアキオ)




関連ブロガー☆ランキング

【必見】 「出版業界」 を話題にしているブロガーランキング


■関連記事
不況に立ち向かう術はあるか...!?
春の街を彩る?限定カラーの「Cherエコバ」
村上春樹の新作「1Q84」は、買い?


■kizasi.jpでみる
・最新の「休刊・廃刊」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.