ブログから、話題を知る、きざしを見つける

好調のマイクロ一眼カメラとは?

2009/08/10 配信

オリンパスが7月3日に発売したレンズ交換式のデジタルカメラ「オリンパス・ペン E-P1」の売れ行きが好調らしい。「マイクロ一眼」と称されるこのE-P1、デジタル一眼レフカメラの性能とコンパクトデジタルカメラの簡単さ、携帯性を併せ持つカメラということだ。

090810ep1
【データは2009年8月6日7時12分現在】

kizasiのグラフでブログでの盛り上がりを見ると、6月16日の発表時、7月3日の発売時あたりで特に話題となっている。


090810ep1
【データは2009年8月6日7時12分現在】

カメラ愛好家の間では発売前からかなり話題となっていたこのカメラ。オリンパスのペン(PEN)シリーズというのは、1959年に登場した銀塩カメラのシリーズ名で、累計販売台数は1700万台を超えるベストセラーカメラなんだそうだ。


    ・おっ、PENがデジタルカメラで復活ですね。
    ・実はひそかにペンファンなので興味津々。


と「ペン」の名前に反応したカメラファンも多い一方、


    ・なにこのデジイチらしからぬデザイン(*´д`*)カッコカワイイ。
    ・コンパクト一眼レフなのですが、デザインがすごく好きです。
    ・こんなカメラだったら部屋にインテリアの一部として置いてもOKかな。


と、女性を中心に見た目のデザインからも注目を集めているようだ。

オリンパスとパナソニックが共同で進める「マイクロフォーサーズ規格」に準拠したというこのカメラ。カメラ内部の鏡をなくすことで撮像センサーのサイズはそのままに小型化できたらしい。鏡による反射(レフレックス)を使ってないので一眼レフとは呼べないそうだ。


まあ、難しいことはともかく、かわいいボディに一眼レフ並みの性能ということで人気が出るのも無理はない。とはいえ、最近のコンパクトデジタルカメラと比べれるとやはり大きくて重いし、値段も10万円オーバーとデジタル一眼レフ並みだ。


    ・E-P1の第一印象は「思っていたよりデカくて重い・・・」でした。
    ・ペン E-P1は実際触ったらずどんとしてた。
    ・欲しいけど高い…。


実際、ブログでも「重い」、「思ったよりデカイ」、「(値段が)高い」と書いている人は少なくない。なお、E-P1の重さはバッテリーなど込みで約 410グラムとのことで、もちろんデジタル一眼レフカメラより軽い。小さい割には重いと感じてしまうのだろう。なお、ある程度重さがある方が持ちやすい し、手ぶれもしにくいという意見もある。


    ・カメラを構え、露出を決め、フォーカスをあわせ、シャッターを押す。その行為が、ただひたすらに心地よく、楽しい。
    ・E-P1は6種類のフィルター機能を備えています。これで撮ると普通の雑貨も味わい深く写るので楽しい。
    ・まったく使いこなせてないながらも、撮るのが楽しくって仕方ない!!!


といった購入したユーザーの楽しそうな書き込みを見ていると、その所有することの満足感や充実感も大きく重いカメラのようだ。コンパクトデジカメのサイズと重さを期待すると裏切られるが、その分持つことの楽しみも大きいカメラのようである。


「オリンパス・ペン E-P1」のCMキャラクターには宮崎あおいが起用されている。彼女の登場するこのカメラのポスターやテレビCMはカッコイイと評判なのだが、 kizasiでの「オリンパス・ペン E-P1」の関連語には「宮崎あおい」は登場していない。そのかわりに、人名として「米谷さん」「米谷氏」という関連語が目に付く。


090810ep1
【データは2009年8月6日7時12分現在】

この米谷さんとは、オリンパスで歴代ペンシリーズなどを設計した技術者の米谷美久さんのこと。E-P1の開発責任者が米谷氏のもとをたずね、ペンの名を使うことの了解を取ったというエピソードもあるそうだ。


「日本のカメラ設計者で唯一サインを求められる名設計者」としてカメラ愛好家に知られる存在らしいのだが、7月30日に亡くなったことがオリンパスから発表された。享年は76歳。


    ・E-P1という楽しいカメラを使えることを、米谷さんをはじめとしてオリンパスの歴代のスタッフの皆さんに感謝。
    ・E-P1が好調な様子を天国から見て喜ばれているでしょう。
    ・米谷氏への追悼の気持ちをこめて、シャッターを押したいと思います。


E-P1の開発にかかわったわけではない米谷氏だが、ペンシリーズの生みの親としてE-P1の話題と共に追悼されているメッセージが目立った。
E-P1でスタートを切ったデジタル版ペンシリーズも、米谷氏の手がけたペンシリーズのように人々に永く愛される存在になれるのかどうか注目したい。


(芦之由)



関連ブロガー☆ランキング

【必見】 「コンパクトデジカメ」 を話題にしているブロガーランキング


■関連記事
auの夏モデル携帯は一味違う?
夢を未来へ託して、0系新幹線が引退
イエティ発見?未確認動物といえば?


■kizasi.jpでみる
・最新の「E-P1」

コメント

tempeltunm

web comparable depends range http://www.discogs.com http://www.asil.org

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.