ブログから、話題を知る、きざしを見つける

ブロガーも心配!新政権での景気回復なるか?!

2009/09/24 配信

日銀が17日、金融政策決定会合を開き、景気判断をこれまでの「下げ止まっている」から「持ち直しに転じつつある」に上方修正した。

しかし、7月時点での完全失業率は過去最悪の5.7%。中国など新興国市場の大幅な改善を背景に生産や輸出が大幅に改善していることが景気判断の見直しがつながったわけだが、決して期待が膨らむ発言ではない。


政権が民主党に移り、鳩山内閣が発足したことが、景気回復の材料となればいいのだが、それもまだ、現時点では判断が難しい。



【データは2009年9月24日9時00分現在】

そもそも民主党が政権をとったことに対しても、


    ・自民党に愛想が尽きただけだから
    ・ここらで変えないと、大変なことになるという意識が別の政党を選ばせただけ


などの意見が飛び交う。獲得議席数の差ほど国民は民主党に期待をかけているわけではなさそうだ。政策に関しても、


    ・高速道路無料化って、これまでの借金はどうするつもりなんだろう…
    ・子ども手当などの財源がピンとこない。お金はどこからひっぱるつもりですか?


など、不安視する声も少なくない。約50年ぶりに、野党が政権を握ることになったため、"民主党でやっていけるのだろうか?"という不安があるのは仕方のないことだと言えるだろう。もちろん、


    ・民主党の日本を変えようという心意気は評価したい。


といった意見もあり、現時点では不安と期待が入り交じっている状況だが、さっそくやらかしてしまったのが、連立を組む国民新党から郵政・金融担当相選出された亀井静だ。

「中小企業による借入金や個人の住宅ローンなど銀行への返済にモラトリアムを設ける」という発言が、国内・海外で物議をかもしている。


    ・この人に金融をやらせてはまずいのでは?
    ・国民新党になんて投票してません! なんでこうなっちゃうわけ?


さらに、「返済猶予制度によって経営が苦しくなる金融機関には公的資金を注入すればいい」と発言し、いっそうのブーイングを受けている。


    ・結局、国民の血税を使うんでしょうが。これ以上はやめてください。
    ・亀井氏のお金でやってくれ。竹中氏の失敗から、何も学んでないじゃないか。


これから、さまざまな難局に挑まねばならない民主党政権だが、早くもトラブル発生。鳩山首相の政治力が問われる事態となっている。安心して暮らせる日本、強い経済を持った日本のあるべき姿を目指し、民主党政権には、賢明な選択と決断を期待したいものだ。



(イノウエアキオ)



関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「鳩山首相」 を話題にしているブロガー


■関連記事
民主党が掲げる「子ども手当」の問題点は?
鳩山民主党に期待できる?
民主党に期待することなし...!?


■kizasi.jpでみる
・最新の「鳩山内閣/景気」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.