ブログから、話題を知る、きざしを見つける

難題山積、東奔西走、前原国交相の評判

2009/10/14 配信

歴史的政権交代から1ヶ月。補正予算の見直しなど民主党政権から発信される政策は「変化」が目に見えるものが多いせいか、政治ニュースがブログ上で話題になることも増えている。

kizasiランキングにもメディアが多くとりあげる閣僚の名前や政策がランクインすることが多くなってきた。政治家といえば突然の辞任やスキャンダル報道でランクインするのが常だった自民党政権時代には見られなかった現象だ。

なかでも「八ツ場ダム」「日航再建」など多くの課題を抱える国土交通省は何かと話題になり、その陣頭指揮をとる前原誠司大臣についても幅広くコメントされている。




【データは2009年10月13日13時00分】

多くのニュースに顔が出てくる前原大臣だけに

    ・前原さんは難題山積で大変なようだが、ハッキリ白黒つけてる様子が良い
    ・前原大臣も大変な仕事を受けて東奔西走ですね〜
    ・クリーンでクレバーな論客のイメージがあるので期待してます!


といった印象を持つブロガーも多い模様。ダム建設など一筋縄では解決できない問題も多いなか、


    ・誰が何と言おうとダムは駄目って明言していて、前原大臣の歯切れは抜群。
    ・このような難問でこれほど明確な態度をとった大臣はこれまで数少ない。
    ・メモを一切見ずに答弁し受け答えしている様子を見て、見直した。


などの支持コメントや

    ・自民党が起こした問題で矢面にたつのは、ちょっと気の毒
    ・住民感情をひとりで背負い、自民党政策の尻拭いをしているのは大変だ


といった同情票なども含め、大臣個人への評価と共に政策が語られているのが印象的だ。政権交代直後から注目された八ツ場ダム問題は「変化」のシンボルのような位置づけで多く報じられ、ダム建設現場に視察に訪れた前原大臣の様子が繰り返し映し出されただけに


    ・「中止です」ってバッサリ言っても、住民の心は冷え込むばかり。
    ・あの木で鼻をくくったような対応は、見ていて実に不愉快。
    ・ことあるごとに「マニフェストに書いてありますから」と水戸黄門の印籠のごとく出すのはやめた方がいい


といった批判も見られた。どちらの立場であれ、これからの日本の行く末に思いをはせ政治ニュースに反応するブロガーのコメントは真剣度や緊張感が高まっている気がする。


そんななか、ほっとするのが「鉄道」の話題。バラエティ番組でSLへの熱い想いを語ったこともある前原大臣に


    ・実はかなりの鉄道マニアなの知ってます?今のポストは天職かもね
    ・前原さんは鉄道マニア、個人的にはその時点で信頼してます。
    ・前原大臣はSLマニアらしい。鉄道の知識は一般人よりあるはずだから、鉄道については任せても大丈夫かな?


とエールが送られていて、微笑ましい。マニアぶりを前面に出すことはないだろうが、官僚作成のペーパーではなく自分の言葉で語る前原大臣の、鉄道への愛がベースにある発言・答弁が期待されている。


 長く続いた自民党政権下で「だれがなっても変わらない」大臣の時代には考えられない「変化」や「大臣自身の言葉」が次々と報じられ、面白くなってきた政治ニュース。ブロガーの反応と共に注目したい。



(夏目昌)



関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「前原誠司」を話題にしているブロガー


■関連記事
民主党が掲げる「子ども手当」の問題点は?
ブロガーも心配!新政権での景気回復なるか?!
負担増も覚悟!鳩山首相のCO2大幅削減宣言!


■kizasi.jpでみる
・最新の「前原大臣」

コメント

wordsplanet

八ッ場ダムで「?」となった。 交渉ごとに不向き、政治的な解決能力が欠如しているように見えます。
羽田のハブ化では、マスコミが味方について自分が優位なのに、健作クンに妥協的だった。つっぱねて良かったのに。
段々、問題が山積みになって、自分でもヤバイなあと分ってきたのか?

ただ、官僚と自民党の残存勢力が、国土交通省で一戦構えるように陣形を整えているような気がするので、いっそのこと前原さんを派手に動かす手がある。前原さんを前に相手の主力を誘い出して、一挙に叩く。

つまり、包囲殲滅戦。

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.