ブログから、話題を知る、きざしを見つける

「ゼロの焦点」3大女優の共演となったか!?

2009/11/19 配信

全国東宝系で11月14日、「ゼロの焦点」が公開された。松本清張生誕100周年を記念して映画化が実現した名作ミステリは、大規模な宣伝が打たれたこともあり公開前から話題性は抜群。


広末涼子、中谷美紀、木村多江という豪華女優陣の共演が、ひときわ大きな注目を集めている。過去に何度もドラマ化された同作品なだけに、制作サイドとしてもそれらを超えようと並々ならぬ力が入っていることが伺える本作。「黄泉がえり」「ジョゼと虎と魚たち」などでヒットを飛ばした犬童一心監督がメガホンを執ったが、果たしてその出来映えは──。


【データは2009年11月18日16時20分】

ブロガーのコメントを見ていくと、「すでに観た」というブロガーからはそうとう辛めの意見が連発している。重たい社会テーマを組み込んだ本作だが、

    ・何を伝えたいのかさっぱり。テーマなんてないみたい。まさに「ゼロの焦点」
    ・ミステリなのかと思って観ていたら途中から人間ドラマに。しかもいまいち
    ・焦点がぼやけていますね。「誰が犯人か?」みたいな煽りは間違いでは?

と、作品の伝えたいこと、描きたいことがわからないといった意見多数。
この映画のキーポイントとなりそうな3大女優の共演については、

    ・中谷美紀の鬼気迫る演技は圧巻でした。そこは観る価値あり!
    ・中谷さんの迫力、木村多江さんの悲哀はすばらしい。さすがアカデミー賞女優。

と、二人のアカデミー賞女優に対しての評価は上々なものの、肝心のヒロインである広末涼子については「ミスキャストでは…?」といった声が相次いだ。

    ・彼女の猫なで声から、旦那を亡くした未亡人の哀愁がまったく感じられない。
    ・中谷さんと木村さんの演技に比べると、明らかに見劣りします。なぜ、広末…!?
    ・昭和を感じさせるには声も顔もかわいらしすぎる。アイドルっぽさが抜けないんだよね。

また、女優に力を入れすぎたためか、

    ・俳優さんの存在感があまり感じられなかった。作品としてのバランスが悪いでしょ。

といった意見も見られた。しぼりきれてない作品テーマ、ヒロインの醸し出す違和感など、マイナス要素についてのコメントは多かったが、

    ・重たい社会性が存分に描かれていて見応えアリ。
    ・昭和の雰囲気を上手に作り出していると思いました。

といった意見もあった。
評判はイマイチだけど、話題性の高さに乗っかって劇場に足を運んでみるか、否か。少なくとも中谷美紀、木村多江を評価する映画ファンは、観ておいて損はない作品かも。

(イノウエアキオ)

関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「松本清張」を話題にしているブロガー


■関連記事
ふたりは生誕100周年作家!
できちゃった結婚した有名人と言えば?
信頼している映画賞ってなに?


■kizasi.jpでみる
・最新の「ゼロの焦点」

コメント

きざしジャーナル編集部

>るるるさま

ご指摘ありがとうございます。
修正いたしました。

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.