ブログから、話題を知る、きざしを見つける

年賀状、今年はどうしますか?

2009/11/05 配信

 11月に入り、そろそろ時間が一気に加速する季節になってきました。気が付けばいつのまにか12月。「すっかり冬ですね」「だんだん冷え込んできましたね」なんて挨拶していたら、いっきにクリスマスに忘年会、そして大晦日、と、慌ただしく行事が巡るのがこの時期です。

そして、忙しさに背中を押されていて、ついつい後回しになっていた年賀状に愕然、なんて経験誰にでもないですか?



【データは2009年11月04日11時00分】

 ブロガーの書き込み推移を見ても、11月に入り、めきめきと年賀状関連の話題が増え始めているのがわかる。まだ、1ヵ月半余裕があるけれど、そろそろ考えておかないと手遅れになることも考えられる。

 年賀状といえば、スタンダードなのは葉書に新年のご挨拶をしたたるというものだった。ところが、そんな年賀状事情もITの普及とともに変化してきているようで…。


    ・mixのメッセージが年賀状代わり。エコだし、これでいいでしょ。
    ・住所がわからないという理由で活用できるのでmixi年賀状はありがたいです。
    ・5通までだけど、タダってところがいいよな。タダより安いものはないよ。


 国内最大規模のmixiを使った年賀状は人気が高い様子だ。
 mixi年賀状のほかにリプレックスが日本郵便と提供する「ウェブポ」なんてサービスもあり、デジタル年賀状の需要は年々高まりを見せているようだ。


    ・ウェブポはGmailやTwitterの相手にも対応してるのか…。すごい商売っけだ。
    ・年始の挨拶はやっぱりやっておきたいので、助かります。


 ある程度、年齢層が高いと往年の年賀状が人気のようだが、


    ・定年になった後は、仕方のないことだが、出す枚数が大幅に減る。
    ・不景気だし、年金のことも心配で、年賀状を出す気分にはなれない。


 などというさびしいコメントも。


そもそも出す相手がいない。


 という激さびしいコメントも見つけたが、いまの時代、案外こんな人は多いのかもしれない。


    ・日本の風情を感じる年賀状が好きです。
    ・届いた年賀状を見るのが年始の楽しみ。


 といった、変わらぬ喜びを綴ったコメントも見られたが、年賀状の多様化や電子化が若者を中心に加速する流れにあることは確かなようだ。



(イノウエアキオ)



関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「お正月」を話題にしているブロガー


■関連記事
届くのが楽しみ?ニュータイプ年賀状
気になる?メールのモテ度・ブス度
おせち料理、今年の予約はどこまで伸びる?


■kizasi.jpでみる
・最新の「年賀状」

コメント

おまーにゃ

そろそろ年賀状の季節になるとブログの閲覧者が増えます。

きっと、前に書いたブログが検索されるからなんでしょうけど、
このサイトは検索ワードの件数がグラフィカルに見れて面白いですね。

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.