ブログから、話題を知る、きざしを見つける

“欧州並み”の声も…。どうなる?たばこ税

2009/11/07 配信

先日、フジテレビの番組に出演した長妻昭厚生労働省が発した、たばこ税増税の発言。「健康の問題もあり、欧州並みの金額にする必要がある」とのことだ。


【データは2009年11月04日17時00分】

かねてから増税か否か、と騒がれていたたばこ税。増税に前向きな鳩山首相の意向もあり、ここ最近、たばこ税UPの可能性は色濃くなっている。そんな昨今のたばこ税事情をうけて、ブロがーたちの間では、


    ・あらゆるものの良い面と悪い面、その両面を知らずして健康を語るなかれ
    ・ぜひ増税を! たばこは百害あって一理なし!
    ・これでダンナ様がたばこを辞めてくれるんなら、私はこの増税に大賛成です
    ・愛煙家としてはかなり厳しい。健康への被害は覚悟しての喫煙なのだから、他のところで税金をまかなってよ


と、賛否両論の声が上がっている。たばこ税増税に関しては喫煙者はもちろん禁煙者も気になるところだが、ここ数年で、その双方の溝が一気に深まったような気がするのは筆者だけだろうか? おそらく、その発端の一部を担っているのは、2003年に施行された健康増進法だ。

同 法の第25条で「多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければな らない」と定められたため、公共の場では受動喫煙防止策がとられるようになり、禁煙区域が拡大し、それによって“分煙”に対する意識が強まっていったの だ。

確かにここ最近は、分煙の体勢をとっているビルや飲食店がほとんど。そういった分煙の動きに関してブロガーたちの意見を覗いてみると、


    ・愛煙家として受動喫煙は申し訳ないと思っていたので、分煙されているのはありがたい
    ・たばこを吸える場所を探すのが面倒で、いつのまにやら出先ではほとんど吸わなくなりました
    ・同じフロアで分煙じゃ意味ない気もするが、フロアが分かている時はホッとする。たばこ、本当に苦手なので…
    ・オフィスが分煙になったことによって、禁煙に成功。もう自宅で肩身の狭い思いはしなくてよくなった!


など、やはり賛成派がかなり多い様子。また、上記コメントにもあるよう、禁煙や減煙に成功している人も! そう、この法改正然り、昨年のtaspo 導入しかり、こういった国単位での大きなきっかけで禁煙を始める人は少なくない。ということは、今回のたばこ税増税が現実となったら“脱たばこ”をする人 も多いはず。とはいえ、そう簡単に辞められないのがたばこ。そこで、ブロガーたちの禁煙&減煙法を探ってみることに! 


    ・市販の禁煙パッチ。意外とお高いから出費のことを考えると我慢できる
    ・周りの人に禁煙する!と公言しまくって、失敗したら1人につき1万円払うことに。今ではまったく吸ってません
    ・自分で買わない。貰いたばこのみ。すると次第にけむたがられる存在になるので(笑)、やめられました
    ・公民館で開催されてた禁煙セラピーに参加した。最初は『辞めれんやろ』と思ってたけど、なんと今では1年以上吸ってません!
    ・たばこという存在を忘れる。自販機は街のオブジェだと思うようにする


など、様々な方法で禁煙&減煙に挑んでいるようだ。ちなみに、日本人男性の喫煙率は近年の禁煙支援や禁煙ブームによって、現在は40%にまで低下し ているそう。しかし、その一方で女性の喫煙率は横ばいもしくは若干の増加傾向にあるのだとか。たばこを吸う理由は人それぞれだが、体への好影響は望めない ものなので、愛煙家のみなさまも“たばこはほどほどに”を心掛けていただきたい。

(河野文香/effect)


関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「税 金」を話題にしているブロガー


■関連記事
やっぱそうなる?「全面禁煙」
電子タバコの禁煙効果はいかに?
タスポ導入で禁煙者急増?!


■kizasi.jpでみる
・最新の「たばこ税」

コメント

髙亀 壽

民主党にはタバコ税増税を期待していたのに、結局落ち着くところは微々たる値上げにとどまるか。失望した。自民党と変わりない。残念!

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.