ブログから、話題を知る、きざしを見つける

直木賞作品アニメは映像が斬新

2009/11/02 配信

直木賞を受賞した奥田英朗の小説「空中ブランコ」がアニメ化された。アニメ界の「月9」と言われることもあるフジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送中だ。

「空中ブランコ」はトンデモ精神科医・伊良部が、心の病に悩む患者を振りまわしながらも、意図してか偶然か治療していくというパターンの短編集。過 去に阿部寛主演でスペシャルドラマ化、宮迫博之(雨上がり決死隊)主演で舞台化されている。シリーズ作品の「イン・ザ・プール」は映画化され、松尾スズキ が伊良部を演じた。



【データは2009年10月29日11時55分】

人気小説のアニメ化ということで、原作ファンからの、


    ・伊良部がどうしようもない感じじゃないと!あのダメさがこの物語の芯じゃないの?
    ・もっと普通な感じの「空中ブランコ」が観たかった
    ・多少奇抜な味付けしてもかまわないとは思うけど、原作のいいところ全部スポイルしてるじゃん


といったアンチな意見もブログで見受けられた。

とにかく映像が斬新ということで、


    ・なにこの不思議空間
    ・アニメと実写のコラボ。違和感があるのですが・・・新感覚だ
    ・サイケデリックで楽しい


と、ビジュアル面での感想を述べているブロガーが目立つ。

公式サイトによると、「本作はシーンによって、実写、コラージュされた実写、2Dアニメが登場し、それぞれが『合成』されるアニメと実写が融合した、いまだかつて見たことのない斬新な“ハイブリッド・アニメーション”です」とのことだ。

各話のストーリーの中心となる患者を演じた声優は、実写でも登場する。豪華な声優陣ということもあり、


    ・これは声ヲタホイホイだ
    ・今回の試みは声優好きには面白いものですな。
    ・毎回声優の顔を使ってくるってことで、腐女子大歓喜ですね。


といった声が上がっている。

映像や演出の斬新さもあり、好き嫌いの分かれるアニメ作品のようだが、


    ・人に勧めはしませんが、自分としては今期ダントツで面白いです。
    ・好きな人にはたまらないです。私は好きすぎて死ぬ。
    ・超可愛い。何あの世界観ドツボ。カラフル!


と、熱狂的なファンも生んでいるようである。
どうやらこの作品世界には、はまる人にははまる中毒性があるようだ。それは原作の作品世界にも当てはまるようで、そういう意味では変化球ながらも「空中ブランコ」の名に恥じないアニメ化だと言えるだろう。



(芦之由)



■アニメ『空中ブランコ』公式サイト
http://www.kuchu-buranko.com/


関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「奥田英朗」を話題にしているブロガー


■関連記事
「ガリレオ」スクリーンでも大人気
サマーウォーズが映画賞を総なめする!?
アニメの祭典TAF2009開催


■kizasi.jpでみる
・最新の「空中ブランコ」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.