ブログから、話題を知る、きざしを見つける

きもい?かわいい?オタマトーン

2009/12/01 配信

個性的なガジェット製作や演奏活動などを行っている「明和電機」が発売した新作「オタマトーン」の売れ行きが好調らしく、ネット上でも話題になっている。



【データは2009年11月27日9時40分現在】


オタマトーンとは、オタマジャクシの形をした楽器。シッポを触ったり口をパクパクさせて出す独特の音で、メロディーを奏でることができる。
ブログでは、その見た目と、ホワホワホワァというような脱力系の音に「カワイイ」というコメントが多く寄せられている。

    ・癒しだ。口の動きがカワイすぎる
    ・プワワワワ〜と奏でると、何度も笑っちゃう、かわいいー

ただ、中には、 「なんか不気味…口の中とか……」と語るブロガーもちらほら見られたが、みなさんの印象はどうだろう。

さて、オタマトーンの演奏を楽しんでいるブロガーたちはというと、

    ・何気に楽器の本質を凝縮してるような、わかりやすい楽器だと思います
    ・音階の組み立て方を勉強するきっかけになりそう
    ・まじでこれはバイオリンの練習に使えそうです

など、「棒」の部分を触ると音が出て、指を上下にスライドさせると音程が変わるという“楽器”として本質的な仕組みを評価しているコメントも多い。一方で

    ・早速演奏してみたけど、音はイマイチと、いうか・・・オモチャ
    ・音階がきれいではなくて、なんだか音痴な楽器みたい
    ・微妙に個体差があって、音階の開始位置にズレがある・・・それがまた素敵だが

など、音階や音色に納得いかないという指摘も少なくない。でも、ユーモラスな音痴さだからこそ?心を掴まれてしまった人も多いのでは?
ところで、オタマトーンの好調な売れ行きに一役買っているのが、いちアーティストとしてライブも行っている明和電機の社長(土佐信道氏)である。ブロガーたちも、

    ・明和電機の社長がおもしろすぎて、余計ほしくなったよ
    ・あ、社長、オタマトーン購入するのでサインください

と、オタマトーンに劣らないほどの?人気ぶりがうかがえる。社長は他にも、オフ会を催しオタマトーン仲間の輪を広げたり、購入者たちがYou Tubeなどにアップした自慢の
演奏動画を社長ブログで紹介するなどしており、オタマトーンの魅力と楽しみ方の幅を更に広げてくれそうだ。

オタマトーンは、現在のところ(11月末時点)ネット通販や店頭では12月中旬の入荷を待つ状況だが、入手前から、

    ・ヅラとか髭とかかぶせたい、ムフー
    ・黒オタマ買って“ホクロちゃん”と名前をつけるつもりでいる

満々のアレンジ欲を示すブロガーも見られる。恐らく、クリスマスから年末年始シーズンには、オリジナリティ溢れるキモイ?カワイイ?オタマトーンたちが、
あちこちの家庭で口をパクパクさせているに違いない?!



(高宮真琴)

■関連動画



■関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「テクノ」を話題にしているブロガー


■関連記事
バグ?仕様?驚愕の野球ゲーム
話題の初音ミクとは?ボカロ文化が浸透中
好調のマイクロ一眼カメラとは?


■kizasi.jpでみる
・最新の「オタマトーン」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.