ブログから、話題を知る、きざしを見つける

何台ある?どうする?たんすケータイ

2009/12/02 配信

たんす貯金ならぬ“たんすケータイ”をリサイクルに出そうという、その名も「たんすケータイあつめタイ\(^o^)/」というキャンペーンが始まった。


最後の顔文字までが正式名称なところにお役所の必死な感じが伝わってくる通り、携帯電話本体に含まれるレアメタルの回収を促進したい経済産業省渾身(?)の事業。消費者は回収を実施している大型電器店などに不要になった携帯電話を持参したり機種変更すれば、最高5万円の商品券が当たる抽選に応募できる仕組みだ。



【データは2009年11月29日14時30分】


ブログ上でも各種メディアで報じられたニュースに反応して

    ・この顔文字が気になって仕方ありません。「人生オワタ\(^o^)/」のイメージしかないので
    ・お堅い経産省が顔文字使うのって、なんか凄い…人生オワタなのもイカス

などとネーミングに突っ込みが入った後、11月21日から店頭での回収が始まると再びコメント数が伸びてきた。

    ・我が家でもたんすケータイ発掘作業に入ってます。今の時点で3台見つかってるが、探せばまだ出てきそう
    ・うちにも子どものオモチャ用に5、6台あります。リサイクル出して商品券当たったら、オモチャ買おう
    ・当たっても1000円分だし、あまり期待してないけど、いい機会なので回収してもらおう

機種変更しないで古い携帯を持ち込むだけの場合は当選するのが最高1000円分というコース設定もあり、特典への期待感はそれほど高くないようにも思えるが

    ・家にあった古いケータイ7台ぶんの抽選券、7枚中2枚当選!
    ・ヤター1000円商品券ゲトー!
    ・100円当選!わらしべ長者っぽいから100円分馬券買うかー

など、サイト上でわかる抽選結果が何やら楽しげに報告されていて、なかなか好調な滑り出しにも思える。 そして意外と目立たないのが、携帯を“大切にとってある”派の

    ・思い出がつまってたり本当に大切なデータが入ってたりするから、やっぱりリサイクル出したくない
    ・ふるいデータが必要になるかもしれないし、とりあえず手元に置いておこう

といったコメント。大切な思い出やデータストックとして手放さない人が多いから携帯のリサイクルが進まない、という見方も多いようだが、ブログでのコメントを見る限り、多くの“なんとなくとってある”派が本当にたんすや引き出しの奥から古いケータイを発掘している様子。

ただ実際にリサイクルに出すと、その場で携帯本体に穴が開けられてデータ流出防止措置を確認する流れであるため

    ・店員さんが俺のケータイにぐっさり穴を開けた瞬間…何かが終わった感じがした
    ・持ち物として思い入れが強い人にとってはツライかも〜デコケータイとか特に〜

というコメントも。使われなくなった携帯電話の価値は、レアメタルにあるのか思い出にあるのかデータにあるのか…その捉え方によって、今回のキャンペーンに対するアクションも変わってくるかもしれない。

(夏目昌)



関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】 「ケータイ」を話題にしているブロガー


■関連記事
あなたの家にも自主回収品?
実りの秋に...新米・萌え米・汚染米
宇宙ゴミに気を付けろ!


■kizasi.jpでみる
・最新の「たんすケータイ」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.