ブログから、話題を知る、きざしを見つける

来年もプリキュアがハートをキャッチ

2009/12/21 配信

幼稚園から小学校低学年くらいの女の子に、いま絶大の人気を誇るアニメといえば、「フレッシュプリキュア!」(テレビ朝日系、日曜あさ8時30分)だろう。幼稚園の七夕では、女の子たちはこぞって「プリキュアになりたい」と短冊に書いてるんだとか。


この「フレッシュプリキュア!」は、「ふたりはプリキュア」からはじまるプリキュアシリーズの6作目。女の子が変身して悪と戦うところなどセーラームーンとの共通点も多いが、セーラームーンの5年を上回る6年目のロングラン作品となっている。

セーラームーンシリーズと違い、今まで二度も登場キャラクターが一新しているのも特徴だ。「フレッシュプリキュア!」も、新しい登場人物になっての作品だった。そのため次回作は「フレッシュ」の続編かと思われたが、「ハートキャッチプリキュア」というタイトルの全くの新作らしい。2010年2月からはじまるそうだ。



【データは2009年12月17日13時00分】

「フレッシュプリキュア!」がちょっと大人向けだった反動か、こんどの「ハートキャッチプリキュア」はより子供向けの絵柄と内容になるようだ。
プリキュアファンの親御さんや大きいお友達のブログでも、早くも「ハートキャッチプリキュア」が話題となっている。

    ・フレッシュ!の続編やってほしかったっていう気持ちが強いです
    ・子供と2人でフレッシュにどっぷりとはまっているのに残念
    ・フレッシュにここまでハマるとは思わなかったので複雑な気持ちになってしまいますな

など、フレッシュの終了を惜しむ声が多いようだ。

    ・結構グッズ集めたのにもう終わっちゃうの・・みたいな悲しい気持ちになっちゃいました
    ・1年ごとにキャラが変わり、どうするの?この変身グッズ達は…と、親としては頭が痛いところですが
    ・これで子供に何と言われようとクリスマスにクローバーボックスを買うことはないな〜

といった、プリキュアグッズに関する親からの書き込みも目立つ。

キャラが一新した「ハートキャッチ」の情報をキャッチしたことで、すぐに過去のものになってしまう「フレッシュ」グッズをクリスマスプレゼントにあげるのはやめようと思う親もいるよね、やっぱり。

ちなみに「フレッシュプリキュア! 幸せのクローバーボックス」という玩具は、メーカー希望小売価格が8,925円とそれなりのお値段だった。

はたしてプリキュア好きの女の子は、クリスマスにグッズを買ってもらえなくて泣くのか、「フレッシュ」が終わってしまうことを知って泣くのか? どっちにしろ泣いちゃいそうでかわいそう。

ちっちゃなハートを傷つけちゃいそうな罪作りなプリキュアだけど、来年の「ハートキャッチプリキュア」では、またまた女の子たちのハートをがっちりキャッチするんだろうね。

(芦之由)


■関連記事
アニメ「東のエデン」の劇場版が徐々に姿を現す
隠れたヒットメーカー「菅野よう子」に注目
次元を越えた結婚願望の行方
「痛車」、「痛ンブラー」、その次は?!
かわいすぎるぞ!クッキンアイドル



■kizasi.jpでみる
・最新の「ハートキャッチプリキュア」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.