ブログから、話題を知る、きざしを見つける

‘09年間ブログ注目話題ランキング

2009/12/08 配信

2009ranking ブログで多く語られた話題から2009年を振り返るべく、kizasiランキングを集計。
スポーツやエンタメの話題は例年どおり多いものの、今年はやはり日本とアメリカでの政権交代など社会が大きく変化していくニュースが順位を越えて強い存在感を持つ。また時代を象徴する著名人の訃報も数多くトップ30に入り、時代の移り変わりを感じさせるランキングとなった。





■ ランキングからPick Up!

【経済】 【政治】 【事件】 【訃報】 【健康】 【スポーツ】 【自然】 【TOPへ】



【経済】 こんなに安くて大丈夫?デフレも心配

11月に政府が「デフレ宣言」をし、今年の新語・流行語大賞トップテンに「ファストファッション」が入るなど消費者の低価格志向にお墨付きとなった感もある今年。

H&MやFOREVER21など海外のファストファッション開店時には、

  • 凄い行列だったけど、安カワに感激~!
  • 話題のファストファッションとやらを見に行ったら、まだ入場制限してた

など華々しい消費ムードが漂うブログも目立ったものの、日々の生活の中では、

  • 数ヶ月前から500円でまともなランチが食べられるようになってきた
  • 娘も私も990円ジーンズです

などとデフレを実感させる低価格がリアルに語られている。

さらに「デフレ宣言」後は、

  • 近所に290円の弁当を販売する場所が出現。そんなに安くて大丈夫なの?
  • 安く買えるこしたことないけど…前はラッキー♪なんて思ってたけど…最近安すぎない?
  • デフレバーガーを買うと少なからずデフレに加担しているわけだが、余裕ないから…これがスパイラルなのだなぁ

などデフレスパイラルを心配する声も目立つようになり、低価格を喜んでばかりはいられない不安感が広がってきているようだ。


 ↑TOPへ



【政治】 政権交代への勢いはブログ上でも

年明け早々アメリカで初めてのアフリカ系大統領が誕生し、日本では8月30日の衆議院選挙で民主党が第一党となり政権交代が実現した2009年。閉塞感漂う時代に“変化”を求める新政権への期待はブログ上でも、

  • オバマさんの演説聞いてると、アメリカ人でもないのにやる気が湧いてくる!
  • オバマさんなら世界の争いごとをやめさせる橋渡しが出来るんじゃないかと希望を持てます
  • アメリカに続いて日本もチェンジ!頼むよー
  • 政権交代しても、その後が大変です。浮かれてないで、しっかり舵取りしてくださーい

などと語られ、新政権発足時や選挙結果確定時にコメント数をピークに押し上げているのがわかる。

日本では7月12日にあった東京都議選で民主党が勝利したころからブログ上でも「政権交代」が盛んに語られるようになり、

  • 都議選の結果は、8月の衆議院選で新しい政治が誕生するきざしか~!
  • 東京都もみんな変化を求めてるのね~これで政権交代への流れが決定的になってきたのでは?

と現実味を帯びて語られていた。

同時期に「民主党」の言及数が「自民党」の言及数を常に上回るようになり、

  • どうせなら大きく議席差がつき、民主党が心置きなくマニフェスト実現に向かう行動を見たいものである
  • 本当にこんなことできるのかよって思いながらも、民主党のマニフェスト全部読んじゃった

などコメントが寄せられていた。もちろん期待と同時に不安も語られていたわけだが、コメント数が象徴するような勢いが民主党にはあったわけで、この時点で時流は政権交代へと動いていたのかもしれない。


 ↑TOPへ



【事件】 芸能人は、クスリが命取り

芸能人が薬物所持や使用で逮捕されることは珍しくない昨今ながら、今年は8月に酒井法子と押尾学の薬物事件が相次いで起き、芸能界の薬物汚染がより強烈に印象づけられた。

kizasiランキングのトップ30には入らなかったものの、事件発覚当時はマスコミによる過剰な取材・報道もありブログ上でも連日話題になっていた。

  • 押尾学はヤッパリって感じもするけど、酒井法子は信じられんなぁ
  • のりぴーも清純派として人気あったぶん、報道量もハンパないね《のりピースマイル好きだったのに~ショック~

といった個人レベルの問題を越え、

  • 酒井法子以外にもクスリやってる芸能人はまだいると思う
  • お相撲さんに薬物使用が見つかったときは全員検査したんだから、全芸能人が検査すべきでは?

などと、芸能界の“薬物汚染”というイメージの強さが伺えるコメントも多く見られた。

「薬物」で検索すると、SMAPの草なぎ剛が公然わいせつ容疑で逮捕された際に薬物使用を疑われて家宅捜索された話題や女優・沢尻エリカの所属事務所解雇騒動で薬物使用が原因と憶測された話題もコメント数が多いことがわかり、芸能人の“お騒がせ”が薬物疑惑に直結してしまう現状がブログからも伺える。


 ↑TOPへ



【訃報】 スター達の死に、時代の流れを感じる

マイケル・ジャクソンや忌野清志郎、大原麗子や森繁久弥などスターやキングと呼ばれた人たちが多く亡くなった2009年。
故人の活躍が輝かしいものであるほどに各種メディアでの追悼番組や企画が多くなり、それに対応するようにブログ上でもそれぞれの死を悼むコメントが多く寄せられ、例年より訃報が目立つランキングとなった。

  • 我が青春期のアイドルだったから、その死がまだ信じられない
  • 高校時代にすりきれるほど聴いていたレコードを押入れから引っ張り出してきた
  • 大好きな女優さんだったので、ショック

など、ブロガーそれぞれの思い出や悲しみが尽きることなく語られている。

ある時代の担い手として大きな足跡や影響を残した“大物”がこの世を去ることは、

  • ひとつの時代が終わった区切りになるのかな
  • またまた昭和が遠くなっていく~

と時代の移り変わりとしても捉えられていた。逆に現代社会の問題の一面として、自宅でひとり息を引き取られた大原麗子、特別養護老人ホームで亡くなった山城新伍、うつ病を抱えて自死した加藤和彦が語られることも多かった。


 ↑TOPへ



【健康】 インフルエンザ 話題と感染のスピードの違い

本格的な冬到来を前に各地で新型インフルエンザが蔓延し、ブログ上でも、

  • ついに家族に上陸。小学3年の孫が感染しました
  • 新型キター!週末にワクチン接種の予定だった長男に…

などと身近なところの感染が語られることが多くなってきた。

振り返ると、4月にメキシコで「豚インフルエンザ」の発生が報じられてから未知のウイルスに対する恐怖感と過ごしてきた一年。「新型インフルエンザ」のコメント数が一気に増えたのは、日本での感染者が報じられた時期で、

  • 感染した人が自分と同じ路線で成田から帰ってきてたと聞いてイヤ~な気分に…
  • 関西方面への旅行を計画していたのだが、やむなく中止

など過剰な反応も多かった。感染者の数から言えば現在のほうが多くコメントされてもおかしくない状況だが、コメント数の爆発的な伸びからも当時の衝撃の大きさが伺える。

半年を経て、弱毒性のウイルスで持病がなければ軽い症状ですむ場合が多いとわかり、混乱があるとはいえワクチン接種も進んできているなど新型インフルエンザと冷静に対峙できるようになってきたということでもあるのだろう。未知のウイルスに関する情報の質と量の低さが、心情的なパンデミックを引き起こすのかもしれない。


 ↑TOPへ



【スポーツ】 東京落選でも2016年五輪が楽しみだ!

2016年の夏季オリンピック開催地が10月のIOC総会でブラジル・リオデジャネイロに決定。
東京が落選した話題としてkizasiランキングの9位にも入ってきたものの、それまで招致活動に関する関心が低いと言われていただけに、落選をめぐるコメントにも、

  • 関係者の皆さんはお疲れ様でしたが、まぁ妥当な結果でしょ~
  • 今更オリンピックが東京に来てもね~ブラジルの人があれだけ喜んでるんだからリオで良かったのでは?

と冷めた反応が目立った。

むしろ同じ2016年のオリンピック正式競技としてゴルフと7人制ラグビーが採用されたことに、

  • ラグビーファンとしては大変うれしいこと!
  • 五輪競技にゴルフが採用された記念に、久しぶりに打ちっぱなしへ

などと幅広いコメントが寄せられ、話題としては盛り上がっていた印象。
オリンピックを生で見るということや五輪開催による経済効果という漠然とした将来像より、

  • 石川遼や宮里藍が日本代表になって金メダル争いするとなれば、盛り上がるだろうね!
  • 今から7年後、遼くんは25歳くらいでバリバリ活躍してるだろうから金メダル候補なのでは?

などと日本人選手の活躍を具体的にイメージできることが盛り上がりの要因だろうか。

地元で開催されることにはこだわらなくてもオリンピックが好きな日本人、

  • ラグビーやってる学生が「オリンピック出場」という目標を持てるってことは、いい競争いい結果につながるね
  • 2016年といえば、うちの子の世代がチームの主流を占めるぐらい?なんか夢が広がるー!

と身近な「夢」や「希望」が熱く語られていた。


 ↑TOPへ



【自然】 皆既日食や流星群で宇宙の神秘に浸る

今年最大の天文ショーは7月22日にあった皆既日食。
日本でも46年ぶりに見られるとあって、多くのブロガーが空を見上げて「見えました」「見えなかった」と報告していた。

  • 1メートル先の人の表情もわからない位の暗さになり、少し恐怖を感じるほど
  • ダイヤモンドリングには感激しました。鳥肌でした!

など観測ツアーに参加した人の詳細レポートから、

  • このあたりでは8割隠れるぐらいだったけど、それでも暑さが全然違うのね~
  • 我が家の庭からも雲の合間から部分日食見えちゃった!

など思いがけない目撃談まで、太陽が欠けて見えるというインパクトの強さは誰もが語られずにはいられない様子。
他にも天文系の話題として、10月のオリオン座流星群が26位にランキング入りするほど語られていた。

毎年観測できる流星群ながら、今年は月明かりの影響がなく観測条件が良かったこともあり、

  • 3時起きして出勤前に流れ星20個ぐらい見ました!眠気も寒さも忘れてうっとり~
  • マンションの窓からボーッと見ていたら1個だけ見えました!願い事し忘れたけど、いいことありますように♪

などこちらはロマンチックな気分が漂うコメントの数々。
このご時勢、空を見上げて宇宙のスケール感に浸り日常の雑事を忘れたくなる気分なのかもしれない。


 ↑TOPへ


(kizasiジャーナル編集部)




■関連記事
2009年上半期ブログ注目話題ランキング
'08年間ブログ注目話題ランキング

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.