ブログから、話題を知る、きざしを見つける

ついに最終章、気になる“のだめ”の結末

2010/01/20 配信

人気漫画を原作にした様々なドラマや映画のなかでも、話題性・人気ともに群を抜いて目立つ「のだめカンタービレ」。


2006年秋の連続ドラマから海外ロケのスペシャル版に映画とスケールアップしながらも原作に忠実に展開してきた実写版に続き、アニメ版も第3シーズンとして1月14日に「のだめカンタービレ フィナーレ」が放送開始。話題作の最終章に向けてブログ上でも盛り上がっている。



【データは2010年1月17日22時30分】

コメント数では映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編」の封切り時(12月19日)がピークだが、

    ・原作漫画もドラマもすっぽりハマった私、もちろん映画も観にいきました
    ・前から気になっていた原作、読み始めたら超オモシロイ!!
    ・漫画読もうとしたら、1巻から4巻まで売り切れだったよ…ついCD買っちゃった…

などクラシック音楽を題材にしていることもあり、メディアを自由に行き来して楽しんでいるファンの様子がうかがえる。

天才不思議少女のだめの世界“変態の森”に漫画から入った人も、オレ様指揮者・千秋役の玉木宏目当てで見たドラマでハマッた人も

    ・映画も「成功」ですね〜音楽のセレクトが光ってた!
    ・スクリーンいっぱいに広がる千秋様の美しく力強い指揮姿が見られてよかった♪
    ・オーケストラの場面、映画の中の観客と一緒に拍手したくなった
    ・陰で必死に頑張ってるオケの人の姿がジーンときた

と映画への満足度の高さが目立ち、4月公開予定の後編も「早く観たい!」「今から楽しみ〜」など期待も高い模様。

ただ気になるのはその結末。原作漫画は昨年11月に最終巻(23巻)が発売されたものの

    ・最終巻読みましたが…あっさり終わったなぁという印象
    ・久々に最後まで集めた漫画だったが、内容的にはどうなんでしょーという感じ
    ・強引にまとめた感じが否めません。

など、ファンからも「?」な反応が目立ったラスト。「素敵な余韻を残した終わり方」「いい意味で期待を裏切られた」といった表現も見られるが、全体的に辛口なのが不安材料として残る。

ただアニメ版のスタートにあたり語られた

    ・完結の仕方がアレな原作をどうするのか、少し楽しみ
    ・これでホントの最後だと思うと寂しいけど、楽しみ
    ・アニメは原作に忠実に終わるんですかね。

といったコメントのように原作の終わり方がいつのまにか期待に変わっていて、そんなところも“変態の森”の奥深さと思えてくる。

(夏目昌)

■関連記事
「ゲゲゲの女房」ドラマ&映画化
「ノルウェイの森」、このキャスティングはあり!?
宮崎あおい主演で『ソラニン』映画化
ヘタリア映画化でブロガー騒然!?
「踊る大捜査線 THE MOVIE3」が公開決定!



■kizasi.jpでみる
・最新の「のだめカンタービレ」

コメント

人気

ドラマも映画もまだ見てないけど、漫画は全巻読んでます。24巻の発売が待ちどうしい。

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.