ブログから、話題を知る、きざしを見つける

オザケン復活に喜びと心配の声

2010/01/25 配信

オザケンが帰ってくる。小沢健二が13年ぶりのコンサートツアーを開催することを発表したのだ。

90年代に「ラブリー」「痛快ウキウキ通り」などのヒット曲を連発したオザケンこと小沢健二だが、生活の拠点をアメリカに移し、音楽活動は事実上の休止状態だったという。

突然の復活のニュースに、

    ・喜びを他の誰かとわかちあいたいニュースです
    ・2010年、遂に小沢健二を見ることが出来るのか!?ふ、震えてくる
    ・「LIFE」らへんの曲を当時のメンバーで、というのがもう!!嬉しすぎる!!!

など、当時のファンはウキウキしている様子。
「喜びを他の誰かと…」は「痛快ウキウキ通り」の歌詞とかけてのうまい発言だな。


【データは2010年1月21日9時29】


「ひふみよ」と名付けられたこのコンサートツアーは、5月の神奈川県民ホールを皮切りに、仙台、東京、札幌、福岡など13公演が予定されているそうだ。

    ・彼の名アルバム「LIFE」は、今聴いても色あせないどころか、年々良さが増してきます
    ・アルバム「LIFE」は本当に大切な1枚で人生を変えてくれました
    ・私の音楽の原点は彼にあります

と彼の音楽に影響を受けた人は多く、この復活ツアーはチケット争奪戦が予想される。

    ・行かない、行けないという選択肢はないぜ!!絶対に絶対に絶対に行く!!
    ・今回のツアーには何としても参加したい
    ・何が何でも行きたいです!!

など、小沢健二に会いに行きたいという「強い気持ち・強い愛」を表明している人がいれば、

    ・会場はどこもホールでキャパは1500〜2000。果たしてチケットは取れるの
    ・ものすごく楽しみだけど、チケットを手に入れられるかだけが心配

などと、心配している人も多い。さらに、

    ・チケット、取れないだろうなー
    ・絶対チケット取れないだろうから諦めてますが・・・。中野サンプラザなんて狭すぎる!

と、あきらめムードな人も。

世間は、一郎の方の「小沢問題」で騒がしいが、オザケンファンにとってはチケットが取れるかどうかの「小沢問題」に関心が移っているようである。

(芦之由)

■関連記事
映画主題歌でマイレボ復活
バブル世代が大興奮!カノッサ復活
「ユニコーン」復活第一弾が到着!
東京五輪実現で野球とソフトの復活!?



■kizasi.jpでみる
・最新の「小沢健二」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.