ブログから、話題を知る、きざしを見つける

ガン告白の間寛平にブロガーもエール

2010/01/26 配信

マラソンとヨットで世界を一周する「アースマラソン」に挑戦中の間寛平さん(60)が前立腺がんであることが分かってから、ブログ上には、

「どうか、無事に完走して欲しい!!」
「病気に負けないでゴールまで走り抜けて下さい!!」


など、ブロガーたちからのエールが一時、殺到していた。


【データは2010年1月25日14時18分現在】


間さんは、注射と薬でがん細胞の活動を抑えるホルモン療法を行い、マラソンを継続するという。
2008年12月のスタートから1年が経過。特に、オフィシャルブログや経過を伝える特番を介して応援しているファンたちはショックを隠せないようだ。

    ・順調に走ってる姿をよくHPで拝見し、たくさんの元気をもらってたからなぁ。ショック
    ・ショックです、あれだけ頑張っているのになぜって感じです
    ・ガンだった忌野清志郎さんに作ってもらった曲で頑張ってる寛平さんもガンっていうのはキツイ

また、マラソンを中断せずゴールを目指す本人の判断と精神力に、尊敬の念を示すコメントが目立ったが、何よりもこうした寛平さんの姿から

    ・応援するより、我々の方が勇気付けられる
    ・続ける姿を見て怠惰な自分自身の弱い心に喝を入れられた感じ
    ・人生一度だけ、自分の道を改めて頑張りたいと思いました

など、勇気と感動をもらったという人たちが多かった。ちなみに、ラサール石井さんも、間さんが頑張る姿に影響を受けてセンター試験に挑戦したことが
先日ニュースにも取り上げられていたが、多くの人が命がけの寛平スピリットを感じ取り、自分を鼓舞前進させるきっかけをもらっているようだ。
しかし、中には本人の体調を気遣い、あるいは、様々な大人の事情を指摘しつつ、

    ・出来れば、治療に専念してほしいなと思ったり
    ・やめる勇気も必要だと思う。生きることが大事ですよね?
    ・リタイアして治療したとしても私たちはリスペクトします

など、早期の治療を優先すべきというコメントもちらほら見られた。本人にも継続か中断か、迷いが皆無だったはずはないだろう。
それでも走り続ける決断をした寛平さんの本職はお笑いタレント。

    ・こんな深刻な状態でも人を笑わせられる間寛平さんはやっぱりすごいなあ
    ・最高のアメマ&アヘアヘを心待ちに、これからも応援していこう

など、皆、元気に走り続ける寛平さんに楽しませてもらえることを期待しているに違いない。
先日、走行距離1万キロを突破し、遂に全体の半分に達した模様。現在はトルコで走行しながら治療も行い、今後ゴールは来春くらいの見通しらしい。
今年も、多くの人に笑いと勇気を与えてくれる寛平さんの地球への挑戦から目が離せなさそうだ。

(高宮真琴)

■関連記事
サザエさんの声優、急病で倒れるもすぐ復帰
「吉田拓郎」生涯ラストツアー
みんなの「花粉対策」が知りたい!
過去最大の来場者!アースデイ東京2009



■kizasi.jpでみる
・最新の「間寛平」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.