ブログから、話題を知る、きざしを見つける

滑り出し好調、福山龍馬の魅力

2010/01/13 配信

福山雅治が坂本龍馬を演じる今年の大河ドラマ「龍馬伝」。年末から福山雅治がくるくるパーマの“龍馬ヘア”で特別番組や紅白歌合戦への出演などで露出を増やし、満を持して1月3日から放送がスタートした。

初回視聴率が23.2%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)とまずは好調な滑り出しで、ブログ上でも放送翌日には早速「福山龍馬」が語られていた。



【データは2009年1月4日14時20分】


歴史上の人物の中でも人気のある坂本龍馬だけに思い入れの強いブロガーも多く、制作発表時から“イケメンすぎる”“線が細い”などと語られていたものの

    ・坂本龍馬の予想以上のしっくり感にびっくり。あの髪型もすごくいい
    ・最初はソフトすぎるかな〜と思いましたが、見ていくにつれ引き込まれた
    ・ちょっとカッコ良すぎ!だけど、和み系の福山龍馬が素敵でした!

と、ドラマの中で動き出した「福山龍馬」の説得力が伝わってくるコメントが多く見られた。

    ・ガサツで能天気ではなく、優しさを強調し、人間らしい龍馬を創ろうとしている
    ・のんびりと優しくて飄々とした龍馬のキャラが素敵

など、大河ドラマファン・福山雅治ファンともに、今回の「龍馬伝」で描こうとしている龍馬像と福山雅治の魅力のマッチングに納得している模様。

この福山龍馬へのコメントと同様に多く語られているのが、岩崎弥太郎を演じる香川照之の演技。年末には同じ曜日・時間帯のドラマ「坂の上の雲」で正岡子規を演じていたものの

    ・弥太郎が第一声を発した瞬間、正岡子規の記憶が彼方に飛んだー!
    ・龍馬がソフトなぶんアクの強さが際立つ香川照之、どんだけ演技うまいんだー!
    ・歯まで汚れメイクにも驚いたけど、何より香川照之の演技力にびっくり

など、一瞬で岩崎弥太郎像を植えつけた怪演ぶりが話題に。この香川弥太郎の視点で激動の時代が描かれる「龍馬伝」。映像の質感など、独自の世界を創り上げていこうという制作サイドのあらゆる思惑が伝わってくるだけに、今後が楽しみだ。

ちなみに昨年の大河ドラマ「天地人」では子役の加藤清史郎くんの熱演にコメントが集まっていたこの時期。龍馬の子供時代は初回の早い時間に早々に切り上げられたものの、子役の濱田龍臣くんは

    ・か、かわいい…なんか天然で清らかでかわいい…
    ・犯罪的にかわいくて萌えた〜目元など福山にもそっくりで驚いた
    ・クリクリした目がうるうるしてて、おばちゃんの心を鷲掴み!

など短時間で高い評価を集めていた。ワイルドな「江口龍馬」(2004年大河ドラマ「新撰組!」)や豪快な「内野龍馬」(2009年TBSドラマ「JIN−仁−」)が引き合いに出されることも多い時期だけに、子役も「福山龍馬」のイメージ作りに貢献したようだ。

(夏目昌)

■関連記事
大河ドラマ、気になる坂本龍馬役
龍馬は「福山」、おりょうは誰に!?
織田裕二×福山雅治、40代男の魅力って?
「ガリレオ」スクリーンでも大人気
「篤姫」で盛り上がるコトバ「うつけ」



■kizasi.jpでみる
・最新の「龍馬伝」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.