ブログから、話題を知る、きざしを見つける

蘇る恐怖!ビンラディン再び

2010/01/30 配信

1月24日、カタールの衛星テレビ局アルジャジーラにて、国際テロ組織アル・カーイダの指導者オサマ・ビンラディンと見られる男の肉声が公開された。

彼は、昨年クリスマスに起きたデルタ航空機爆破テロ未遂事件への関与を告白。

【データは2010年1月30日11時30分】

アメリカがイスラエルを支援するかぎり、新たなテロを実行すると主張した。このニュースに多くのブロガーたちも、

    ・早く捕まえてくれ!テロが怖くてアメリカに行けないよ…。
    ・いつまでテロを続ける気なの?どうすれば世界は平和になるのでしょうか。
    ・アメリカ情勢が混乱しているこの時期を狙うとは、なんとも卑怯な野郎だ。

と、不快感をあらわにしている。

ビンラディンは、5000万ドルの懸賞金がかけられている国際指名手配犯。2001年のアメリカ同時多発テロ事件などを引き起こしたとされるイスラム原理主義者である。

同時多発テロ後、アメリカは彼をかくまったタリバン政権の国、アフガニスタンに侵攻。空爆などにより多くの民間人を犠牲にしながらも、テロ首謀者のビンラディンには逃亡されている。現在でもアメリカはアフガニスタンに追加派兵などを行なっているが、肝心のビンラディンは野放し状態。そのため諸処のテロ事件に対し、

    ・本当にビンラディンなんて実在するの?アメリカのでっちあげでは?
    ・アメリカは捕まえられるのに、あえて捕まえてないのでは?
    ・どうせまたアメリカの捏造だろ。今回の事件はイランを侵略する準備と見た。

などと、陰謀説がでてくるほどである。一刻も早くビンラディンを拘束し、アメリカ政府には身の潔白を証明していただきたいものだ。

そんな世界中を逃げ回る犯罪者でなくとも、指名手配犯を見つけ出すのは極めて難しい。そのため日本国内においても昨今、凶悪事件の情報提供者には数百万~1千万円の「捜査特別報奨金」が支払われることになったほど。そこで様々なブログにて、指名手配犯の話題や情報を探ってみると…。

    ・犯行から37年もたつのに、警官殺し大坂正明のモンタージュ写真を見かけた。警察の執念を感じる。
    ・オウム真理教の菊池直子が、ブロガーに扮し民主党にインタビューをしていたそうだ。とっとと捕まえろよ!
    ・岩手17才女性殺害事件の容疑者、小原勝幸はいぜん逃亡中。岩手県警は何やってんだか。
    ・電車で斜め前に座っていた男が指名手配犯に似ていて…。念のため通報しておきました。

などなど、数十年前から最近の未解決事件まで、犯人逮捕を望む多くの声がアップされていた。そうした犯罪を許さない市民の気持ちが逃亡者を追い詰め、事件解決につながっていくことを期待したい。

(佐藤潮/effect)

■関連記事
009イヤーを機に世界平和を考える
歴史に残る?オバマ大統領の初訪日
オバマ新大統領就任式の熱気に学ぶ!
企業サイトも被害続出!新型PCウィルスに注意
捕鯨について、どう思う?



■kizasi.jpでみる
・最新の「ビンラディン」

コメント

威哥王

陰謀説がでてくるほどである。一刻も早くビンラディンを拘束し、アメリカ政府には身の潔白を証明していただきたいものだ。

そんな世界中を逃げ回る犯罪者でなくとも、指名手配犯を見つけ出すのは極めて難しい。そのため日本国内においても昨今、凶悪事件の情報提供者には数百万~1千万円の「捜査特別報奨金」が支払われることになったほど。そこで様々なブログにて、指名手配犯の話題や情報を探ってみると…。
ウェイカワン : http://www.yahoo-Seiryokuzai.com/view/415.html
天天素: http://www.yahoo-Seiryokuzai.com/view/573.html

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.