ブログから、話題を知る、きざしを見つける

ブログの書き込みも急増!Twitterユーザーは増え続けるのか?

2010/01/26 配信

「ブログで話題の出来事をマーケティングの側面から見るブログトレンドウォッチ」
ブログの書き込みも急増!Twitterユーザーは増え続けるのか?



■「mixiもアメブロももう古い」という意識が広まっている?


様々なメディアでも取り上げられ、まさに大流行中の「Twitter」(ツイッター)だが、実際、ネット上ではどのくらい反響があるのだろう?


ブログの書き込み数から、大手SNSサイト「mixi」(ミクシィ)と、大手ブログサービス「Ameba」(アメーバー)と比較しながら、その趨勢を探ってみた。(*ブログ上に反映されている実際のTwitterのつぶやきも含む)


Btw0126_01
【ブログクチコミサーチ BY kizasiを使用】

グラフの通りTwitterに関わる話題量は、昨年の夏以降、mixi、Amebaを上回り、現在も猛烈な勢いで伸びている。
mixiやAmebaの話題量が減少したわけではないが、相対的に見た場合、世の中の関心がTwitterに向いていることを示唆していると言えそうだ。


mixiやAmebaにもミニブログコンテンツ(mixiは「mixiボイス」/Amebaは「Amebaなう」)が設けられており、Twitterよりも利用しやすいという人もいるが、

  • 「今はmixiもアメブロもちょっと古いのかな?」
  • 「私にとってmixiの圧倒的な存在感は薄れてしまいました」
  • 「TwitterもiPhoneからだと楽々だし、mixiは殆んど見なくなりつつあります」


など、メインの利用サービスがmixiやAmebaからTwitterに移行したというコメントも多く、mixiやAmebaユーザーの関心がTwitterに動いている実態は見逃せない。


Twitterに関しては、「パン屋さんの食パン焼けた時間とかTwitterで分かったら便利」など、生活周りの利便性を高める印象が目立つが、さらに、



  • 「Twitterは、mixiみたいにネット上の関係にとらわれず、誰でも気軽にフォローしあえる関係が面白い」
  • 「つぶやきが面白い人のを見ているだけでも楽しいし、情報が得られて便利」


などのコメントが目立ち、mixiやAmebaにはないオープンな人との繋がり方や、そこから派生する気軽さ・面白さ・世界の広がりが支持されている可能性も高い。


■今後、多様化しそうなTwitterユーザー


さて、Twitterの書き込みは増えているが、国内ユーザーそのものは増加しているのだろうか?


Btw0126_02
【ブログクチコミサーチ BY kizasiを使用】

書き込み内容を調べてみると「(Twitterを)始めました」という記入は11月から増加基調にあり、今月(1月20日時点)は遂に1割を超えている。つまり、国内では最近2~3ヶ月にTwitter利用を開始した人が増加していると推察できる。


流行初期はITスキルの高い層が利用していたと思われるが、大ブームとなった最近は一般的なネットユーザーに利用の裾野が広がってきた可能性が考えられる。


Twitterのグラフは話題量を示しているため参考だが、商品の広がりを説明する際によく用いられる『イノベーター理論』に重ねて見ると、


Btw0126_03

現在Twitterは、初期採用者である「アーリーアダプター」の動きに影響を受けた「アーリーマジョリティ(後期追随者)」が反応している段階と言えるかもしれない。


ということは、今後、多くの人が利用すれば「レイトマジョリティー(後期追随者)」も動き出し、ユーザー拡大及び、ユーザー層の多様化が生じる可能性は大きい。
末端ユーザーにも広がりつつあるツイッター世界は、これからどのように展開していくのだろうか、まだまだ目が離せない。


(高宮真琴)




■関連記事
ブログから"流行の兆し"を調査しませんか?
2010年コレが流行る?TwitterのためにiPhone購入?
2010年コレが流行る?激安は続くかファストファッションの今後
2010年コレが流行る?アルコール飲料のトレンドを予測
ブログから見る、年末年始の消費者意識調査
ハイボールブーム復興の原因を探る

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.