ブログから、話題を知る、きざしを見つける

アイスランド金融危機の思わぬ?波紋

2008/11/11 配信

去る10月10日「アイスランドがネットで競売にかけられた」という報道が世界を駆け巡った。

アイスランドといえば、氷に囲まれた島国、火山や温泉資源というイメージだったが、実は国家経済が国際金融産業に依存しており、世界的な金融危機の影響を真っ先に受けてしまったことが、このニュースを通じて広く知られるようになった。


ネット競売の話自体は全くの嘘だったのだが、国がネット競売にかけられるという前代未聞の事態に、多くのブロガーが驚きを見せた。

  • 「異常としか言いようがない」
  • 「落札した人は首相とかになるの?」
  • 「冗談だと気づかない人の神経、笑えません」

kizasi.jpで「アイスランド」に関して語られたブログを解析してみると、この「オークション」報道をきっかけにエントリー数が急上昇し、現在まで関心が継続している。


081111iceland_001
【データは2008年11月8日22:53現在】

また、アイスランドの周りに書かれている言葉(上図噴出し部分)の過去1年間の推移を見てみると、
1年前の'07年11月には「ビョーク」「シガーロス」「ムーム」などアイスランドの音楽に関するエントリーが上位を占めていた。今年3月には、ビョークがチベット問題に対し発言したことが話題となり「チベット」関連が上位へ。
5月には英エコノミスト誌の調査で「世界一平和度が高い国」にランクされた報道について、6月には「商業捕鯨」と、特に一貫性は見られない。


ところがオークション事件以降は、金融問題関連一色になってしまった。


国家崩壊の危機ともいわれるアイスランドだが、逆に「クローネ安の今、ヨーロッパからの観光客が激増」というニュースが流れた(クローネは北欧の通貨名)。これには「北欧大好き」な日本のブロガーたちがすかさず反応。

  • 「オーロラかー、温泉かー、いいな…!
  • 「割安だからって簡単に行ける距離じゃないけど。イギリスの人いいなぁ!」
  • 「実際に物価安くなったのかな??ビールとかうまそうだけど(笑)」

さらに、各エントリーをよく見ると、なぜか「アイスランド『くん』」と、くん付けされている文章がちらほら…。
実は、いま人気の国擬人化歴史コメディ漫画「ヘタリア」のキャラクターに、最近「アイスランド」が登場したのだ。

  • 「アイスランド君って可愛くないですか?」
  • 「アイスランドくんに萌 え た…!!」
  • 「アイスランドくんすげえ好みなんだが。口調とかさ!性格がさ!」

ヘタリアファンにかかると、今回の金融危機も

  • 「ろっさまが40億ユーロ融資してくれたり」
  • 「ノル君が5億ユーロ融資してくれたり」
  • 「イギイギとの仲がやばくなったり」

と解説されてしまう。


思わぬ形で、日本から応援されることになってしまったアイスランド。アイスランド国民がこの状況を知ったら、どう思うだろうか。

早くこの危機的状況から立ち直ってもらいたいものである。

(田中恵美)



-----

■関連記事
金融史に残る「リーマンショック」
航空チケット代=燃料サーチャージ!?原油高騰が旅行者を襲う!


■「田中恵美」の他の記事を読む
「豆乳がスイーツに大変身!?」
バブル世代が大興奮!カノッサ復活
「アジア最大級」がついにオープン!


■kizasi.jpで見る
最新の「アイスランド」

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事
モバイル版 kizasiジャーナル

左のQRコードを読み取るとモバイル版(http://journal.kizasi.jp
/archives.html)にアクセスできます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.